ソフトウェア製品・サービス

Teamcenter 製品要件エンジニアリング

要件に準拠した製品開発のエンジニアリング

要件は、顧客が購入する製品の定義をします。要件管理では、要件を製品ライフサイクルに結びつけて要件を設計する必要があります。 Teamcenterは、誰もが正しく構成された要件のセットに基づいて製品を決定できるようサポートしています。

  • Teamcenterを使用すると、要件を取得し、さまざまな機能、特徴、製品アーキテクチャにすべて割り当てることができます。これらの情報は、要件プロセスを管理するためのレポート、ドキュメント、ダッシュボードを生成する際に共有されます。
  • Microsoft WordやExcelなどの、使い慣れたMicrosoft Officeアプリケーションから直接要件を作成、表示、編集することができます。
  • Teamcenterは、製品要件とプログラム計画を結びつけ、正しいテスト、関連する証拠、履歴などを使用し、要件の妥当性の確認と検証(V&V)をします。
  • V&Vのエンジニアリングフィードバックループは、エンジニアリング経験に関する知識を提供し、製品開発のコンプライアンスを推進します。
  • 製品ライフサイクル全体にわたって「統合された状態を維持する」ことができ、製品の顧客に適切な製品を確実に提供できます。

要件エンジニアリングは、ライフサイクルのあらゆる製品決定と要件を結びつけ、誰もが正しく構成された要件のセットに基づいて製品を決定できるようにします。

  • レポートと仕様の生成
  • 要件の取得とオーサリング
  • 妥当性確認と検証
  • 要件に製品構成を適用する
  • 要件の割り当てとトレースのリンク
  • 要件の変更
  • PLMとALM間で要件を統合する

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP