iQUAVIS 開発の見える化 iQUAVIS-MapleDOEPRODUCTS & SERVICES | isid-industry

ソフトウェア製品・サービス

iQUAVIS-MapleDOE

iQUAVIS-MapleDOE は、iQUAVISの技術ばらしツリーや要件/要素のDSMなどを用いたトレードオフ検討や性能割り付けで、感度分析モデルの活用を容易にするソフトウェアシステムです。
サイバネットMBSE株式会社の開発による MapleDOE の感度評価機能をiQUAVISと組み合わせて利用することで、実験や解析結果のデータに基づく応答曲面と感度表を用い、製品の様々な性能の背反事象の評価を開発初期段階で効率良く行うことが可能になります。

 

実験と解析結果のデータに基づいた感度分析モデルを iQUAVIS で活用

 実験と解析の結果 



Microsoft Excel形式、
CSV、ASCII


  iQUAVIS-MapleDOE 



感度分析モデルの生成



 iQUAVIS 
 

QFD、DSM、FTA、
DRBFM、FMEA、
などの評価分析
 

 Simulinkとの連携 


Simulink モデル
 
 Microsoft Excel は、米国 Microsoft社 の登録商標です。 Simlink は、米国 MathWorks社 の登録商標です。
 

特徴、機能

製品特性の実験と解析の結果データを利用

製品仕様、使用環境、使用条件の異なる製品特性の実験と解析の結果を用いて、感度分析モデルを生成します。

Simulinkとの連携

Simulink モデルを用いてDOEのシミュレーションを実行し、感度分析モデルを生成します。

感度分析モデルの使いやすい出力

感度分析モデルは、応答曲面のグラフィック表示、Microsoft Excel形式の感度表の表示で出力されます。
感度表の簡単な操作により、パラメータ変更に対応する性能特性の変化を直観的に理解することが可能です。



 

iQUAVISとの連携で期待される効果

iQUAVIS-MapleDOE により求められた感度表を、iQUAVIS での DMM(Domein Mapping Matrix) による検討に活用することで、実験や解析のエキスパートでなくとも、設計パラメーターのトレードオフの評価を容易に⾏ うことが可能になります。
 
新規製品の開発
先⾏モデルの知⾒やデータも活かしながら、感度分析モデルを⽤いて簡単な操作で新設計のパラメータースタディを⾏ うことができます。トレードオフや性能割り付けの検討が容易になり、要求仕様を満たす製品の開発を効率よく⾏うこ とができます。
 
仕向け製品、派⽣製品の開発
ベース製品の実験や解析のデータから感度分析モデルを作成し、仕向け製品や派⽣製品の設計検討で⽤いることで、製 品性能の加減やユニット交換の影響を、開発上流段階で効率よく評価することができます。

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP