ソフトウェア製品・サービス

Simcenter 3D 共通基本機能

メッシング

Simcetnerは、荷重や境界条件を適用するためのさまざまな手法に加えて、1D、2D、3D要素の自動生成と手動生成の広範なモデリング機能が組み込まれており、効率的にメッシュ化する能力を提供します。ユーザー定義の形状編集、メッシュ生成、境界条件はすべて基本設計に関連付けられており、基本設計の形状が変更されると、モデルが迅速に更新されます。このアプローチにより、下流側のモデリング時間が大幅に短縮され、プロジェクトの多くの設計検討の繰り返し作業で生じる膨大な時間が節約されます。

    
 

最適化

Simcenterは、特定の基準を満たす最良の設計を体系的に検索する、エンジニアリング最適化技術を提供します。 この技術は、「性能目標を達成しながら、部品の使用材料を減らし、適切な特性値に変更するにはどうすればよいのか」という質問に答えるのに役立ちます。 包括的なトポロジー、形状、パラメータの最適化機能により、部品の重量削減や、パラメータの適切な組み合わせを見つけて製品性能の向上を実現することができます。

     
 

プリ・ポスト処理

Simcenterは、分析モデルの準備に費やす時間を短縮し、結果の評価により多くの時間を使えるようにします。 解析モデルの形状編集、包括的なメッシュ作成、FEアセンブリ管理、マルチCAEソルバー環境、解析結果の高速なポスト処理とレポート作成などの機能により、マルチCADの形状データを基に、実行可能な完全な解析モデルをすばやく作成し、結果を活用することができます。

解析の自動化と拡張性

解析への依存度が高くなるに従い、企業は分析プロセスの速度を速めシミュレーション処理能力を向上させることを目指しています。 シミュレーション処理能力の1つの方法は、反復的なCAEプロセスを取り出し、標準化してから自動化することです。 Simcenterにより、解析エキスパートの知識を収集してウィザードやテンプレートの形式に組み込み、組織内の経験の少ないエンジアでも解析が利用できるようにすることができます。

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP