ソフトウェア製品・サービス

Simcenter 音響シミュレーション

騒音を最小にし、音質を最適化する

音響分析は、機器の動作中の音質や騒音伝播の問題を解決するのに役立ちます。 Simcenterは内部音響と外部音響の統合された解析機能を提供し、正確な情報に基づき製品の音響性能を最適化するための意思決定を設計段階で行うことを可能にします。統合されたスケーラブルなモデリング環境、効率的なソルバー、結果解釈を容易にるすビジュアライゼーション機能により、製品の音響性能をすばやく把握することができます。

音響モデリング

Simcenterは、内部と外部の音響シミュレーションプロセスの高速化を目的としたカスタムモデリングツールにより、モデル準備時間を短縮し、生産性を向上させます。 流体領域作成を容易にするサーフェスラッピングや凸型メッシュを素早く作成する独自の機能を用い、複雑な形状でも迅速に音響解析を始めることができます。

航空音響

Simcenterは、定常状態モデル、直接モデル(DES / LES)、伝播モデル、音響摂動方程式(APE)ソルバーなど、航空音響ノイズ源を予測するための正確なモデルの豊富なライブラリを提供しています。

境界要素の音響解析

Simcetnerは境界要素法(BEM)法のシミュレーションを提供しています。 BEMは、非常に複雑な幾何学を含む問題の理想的な方法として外部音響問題によく使用されます。これは、FEM解析ではモデル化が課題になる問題です。 BEM法で必要なのは対象形状の外面メッシュだけなので、外部音響解析のモデリングプロセスは簡素化され、シミュレーションモデルの計算自由度が減り、解析が容易になります。

有限要素音響解析

Simcetnerは有限要素法(FEM)音響シミュレーション機能を提供します。 有限要素音響解析は、室内の音響問題の予測に理想的で、計算速度の面でより効率的な方法であること加えて、構造モードと防音材料を考慮した、振動音響解析を実行することができます。 有限要素音響解析は、外部音響問題を解決するためにも使用でき、パワートレインの空気吸入系のノイズ解析によく使用されます。

幾何音響解析

SimcenterはRay acoustics (幾何音響)解析の機能を提供します。 人間の聴力周波数は最大約18kHzに及びます。 標準的な有限要素法(FEM)と境界要素法(BEM)技術では、この高域までの音響シミュレーションに適さない場合があります。 Ray Acoustics(幾何音響)は、これらの高い周波数の音響解析を効果的かつ正確に実行することができ、聴力周波数範囲全体をカバーするさまざまな音響と車内騒音快適性のシミュレーションを、効率良く正確に実行することを可能にします。

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP