MSC Software Products MSC Apex バーチャルな製品開発のための統合CAE環境PRODUCTS & SERVICES | isid-industry

ソフトウェア製品・サービス

MSC Apex バーチャルな製品開発のための統合CAE環境

MSC Apexは、解析業務のスピードと効率を大幅に高める、操作性に優れた、使い易い、高度なシミュレーション実行環境を提供します。

       
 

MSC Apex Modeler

MSC Apex Modelerは、CADのクリーンアップ、簡素化、メッシングのワークフローを合理化する、CAEのためのダイレクトモデリングとメッシュ作成のソリューションです。MSC Apex Modelerは使いやすく、習得しやすい洗練されたインタラクティブなツールを提供します。
 

ダイレクトモデリングを使用すると、ジオメトリをインタラクティブに作成および編集できます。フェイス、エッジ、頂点などの対象エンティティを選択し、プッシュ、プル、ドラッグして変更を実装するだけです。ダイレクトモデリングには、メッシュを自動的に更新するメッシュ作成技術が組み込まれています。
 

Apexは、大規模なアセンブリから効率的な中立面を作成するツールを提供します。独自の中立面作成アルゴリズムにより、複雑なジオメトリと厚みの異なるソリッドから、中間サーフェスを作成することができます。別のジオメトリツールセットを用いて、中間サーフェスを自動的に延長して接続し、中立面の全体モデルを作成します。 

MSC Apexの高性能メッシュ生成アルゴリズムは生成的です。複雑なソリッドを要素分割可能なセルに分け、任意エッジを抑制しながら、6面体要素を生成することができます。面分割、メッシュシード、外面メッシュを使って要素生成を行うことができます。

MSC Apexは、アプリケーションを使いやすくするための多目的ツールを備えています。チュートリアル、ビデオベースのドキュメンテーション、ワークフロー、生産性を促進するマウス操作など、数多くの学習支援機能も備えています。

❶ 多数の不要なフィーチャーを削除する

フィーチャタイプ(フィレット、面取り、穴、円柱など)を指定し、フィーチャの寸法範囲を定義し、対象のフィーチャを自動的にモデルから削除します。


❷ インタラクティブな中立面の抽出
自動的にまたは手動で中立面の抽出を実行します。自動オフセット、一定の厚さ、距離オフセットのオプションが利用できます。
❸ ダイレクトモデリングによるサーフェスの修復
エッジまたは頂点を選択し、インタラクティブに目的の場所にドラッグします。 ガイドラインは、実行されているアクションのプレビューを提供します。
 
❹ メッシュの生成、メッシュ品質のレビュー
メッシュサイズ、要素タイプ、メッシュシード、フィーチャに基づいてメッシュモデルが作成されます。
 
❺ ダイレクトモデリングとメッシュ生成の繰り返し
ダイレクトモデリングを使用して、すでにメッシュ化されているジオメトリをさらに修復します。 尖ったメッシュや亀裂が簡単に解決され、メッシュは自動的に再生成されます。
 
❻ 厚さとオフセット設定を自動的に作成する
厚さとオフセットの自動生成機能を用い、シェル要素の様々なプロパティ定義を作成し、.bdfファイル形式にエクスポートします
 
 

MSC Apex Structure

コンピュテーショナルパーツに基づく構造解析

MSC Apex Structureは、MSC Apex Modelerのアドオン製品で線形構造解析機能を提供します。シナリオ定義と解析結果ポスト処理のためのユーザーインターフェイスと統合されています。MSC Apex Structureは、コンピュテーショナルパーツとアセンブリ技術をジェネレーティブなフレームワークと組み合わせ、対話操作で段階的に解析を実行することを可能にします。
MSC Apex Structureは、ユーザーリクエストに応じて個々の部品やアセンブリのチェックを実行し、モデル診断結果をAnalysis Readinessパネルで報告します。従来のプリプロセッサー、ポストプロセッサー、ソルバーの操作で別々の時間を費やすアプローチとは大きく異なり、逐次的に自動チェックを行うユニークな機能が解析の作業効率を高めます。
MSC Apex Structureの周波数応答解析タイプと結果探索ツールを、構造物の振動挙動の改善に活用することができます。ユーザーは、振動モードに対する部品の影響を評価し、構造振動を緩和して制御するための効果的な設計案を検討することができ、影響の少ない設計変更のモデリングや再解析実行の不要な労力を取り除きます。
 


❶ モデルと解析のコンテキストを設定する

評価のコンテキストとなる、解析タイプと、部品とアセンブリのサブセットを定義します。


❷ 解析の前にモデルを検証する

統合分析準備ツールを使用して、選択した解析タイプに対して有効なモデル表現であるかどうかをコンテキストの検証を行います。


❸ 不整合メッシュを素早く結合する

不整合メッシュを接着し、モデル全体のメッシュ整合操作の低減を図ります。


❹ パーツ変更に基づいて更新モデルを生成

変更ステータスを追跡管理し、パーツ変更をモデルの更新に反映します。

❺ 線形解析の実行と結果表示

線形静解、または、固有値解析のシナリオを定義し、解析実行、結果の表示を行います。

❻ 周波数応答の実行と結果表示

周波数応答解析を実行し、結果探査ツールを用いて、構造振動を軽減しコントロールする方法を見出します。

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP