ソフトウェア製品・サービス

DiCA 2次元図面検証 AIソリューション

 多くの製造業では、製品設計のツールとして三次元CADシステムを導入し、CADデータや品目構成などの設計情報の管理をPDMシステムで行っています。一方で、設計と製造の部門間のすり合わせや、取引先との情報共有のために、紙にプリントされた二次元図面を用いて設計情報の追加の検討が頻繁に行われています。机上や壁面に大きく広げた紙の図面は、複数メンバーが複雑な設計情報を同時に閲覧し、協調作業を進めるのに便利だからです。また、各部署で用いているCADシステムが異なる場合には、設計情報を共有するために、中間フォーマットのファイル形式に変換したCADデータや、汎用画像ファイル形式の2次元図面データに変換したものを用いることになります。結果として、無数の場面で、最終的に2次元図面に書き込まれた情報が、製品の設計や生産を定義する重要な正の情報になります。
 
    


 DiCA(ディーカ)は、AIを活用して、2次元図面画像データの中から検索対象の記号やマークの情報を抽出するソリューションです。目視では識別することが難しい複雑で膨大な2次元図面画像から、ユーザーが検索したい任意の記号を識別し、記載されている位置と文字化された記号の情報を出力することができます。
 DiCA を用いることで、2次元図面画像データから、必要とする情報を漏れなく迅速に抽出することができ、製品ライフサイクルの様々な業務の品質向上、工数削減、期間短縮、コスト低減に役立てることができます。
 

DiCA 2次元図面検証 AIソリューション

 2次元画像データ 

.bmp .jpg .pdf
.png .tif



 教師あり学習AI検索エンジン 

 ビューアーによる位置表示 



 ファイル出力 

図面記号位置情報
文字変換データ

 

期待される効果

設計品質の向上
 最終出図前に、設計要件を満たしていることを検証することができます。

 
品質保証、コンプライアンス保持
 製造着手前に、関連法規や環境保護の要件を満たしていることを検証することができます。

 
製造プロセスの最適化、準備期間短縮
  生産準備段階に製造要件を正確に把握し、生産プロセス、設備、リソースのロジスティクスの最適化に活用することができます。

 
調達最適化、コスト管理
 生産準備段階に材料や調達部品の要件を正確に把握し、調達ロジスティクス、コストの最適化に活用することができます。

 
機密保持、知的資産の保護
 外部に開示したくない非公開の図面記号や文字情報を抽出し、非公開情報を取り除いた外部配布用の資料作成に活用することができます。

 

主な機能

ユーザー独自の検索対象の図面記号を登録
 検索対象とする図面記号や文字列をユーザーが登録することができます。各種規格に準拠した、部品、設備、公差、加工製造指示、認証などの標準記号、ユーザ―定義の任意記号の登録が可能です。

 
AIによる画像情報分析と検索対象の図面記号の抽出
 DiCA は、AI検索エンジンを用いてを画像情報を分析し、検索対象の図面記号を抽出します。ユーザーが提供する検索対象を含む実際の画像データを教師モデルに用い、AI検索エンジンは事前に学習をしておきます。検索結果に誤りがあった場合、または、検索対象の図面記号が修正された場合は、教師モデルを追加して学習を繰り返します。学習レベルを深めることで、検索の精度が高められます。

 
抽出結果の図面記号の表示、データの外部出力
 DiCA の検索結果は専用ビューアーで画面上に表示され、ユーザーは図面記号の記載場所をすぐに確認することができます。さらに、図面記号の記載場所と文字変換された図面記号データを外部ファイルに出力することができます。出力ファイルは、様々な外部システムと連携して業務に活用することが可能です。





 
 

2次元図面検証でのAI活用を支援するサービスの提供

 ISIDは、既存の紙図面情報の画像データ化、検索対象の学習モデル作成、検索出力データの外部システム連携など、2次元図面検証でのAI活用を支援する様々なサービスをユーザーに提供します。

ソフトウェア製品・サービス・ソリューションの資料ダウンロード、お問合せはこちら

ダウンロード
資料一覧
PAGE TOP