組立品質のバラツキ削減

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 組立品質のバラツキ削減

組立品質のバラツキ削減

概要

部品公差の累積を見える化し、試作回数の削減を実現 !
本ソリューションでは、部品公差の累積に起因する製品組立の問題を解決する技術構築の支援を提供します。

●公差解析ツールの適用
・重要機能部位の設定
・バラツキの検証
・寄与率の検証

●技術支援
・お客様のパイロットプロジェクトを通じて、部品公差・組立工程・品質評価箇所の設定、公差解析実行、および結果評価の技術構築の支援を提供します。
・お客様自身による公差および組立工程最適化の実務展開を可能にすることを実施の目的としています。

現場の抱える問題

●製品構成部品の寸法のバラツキが大きい
・試作では問題なかったが、量産段階で組み付かない
・試作はコストがかかるので何台も作れない
・バラツキの予測ができない
・組立治具のコストが高い
・組立現場での調整を減らしたい
・海外から仕入れた部品を組み入れると不具合が発生する

期待される効果

●組立工程後のアセンブリ品質に悪影響を与えていた部品・部位や工程が明らかになります
●アセンブリ品質向上に効果がある組順、治具、組立方法の検討が可能になります
●複数の組立工程方案でのアセンブリ品質の定量評価が可能になり、工程の最適化を事前に行うことで、実機の試作回数を削減できます

事例

● 機械メーカー様
複数の組順案をシミュレーションで比較検証。従来の試作の繰り返しによるバラツキ検証作業を削減し、「シミュレーション+試作・測定1回」を経ての量産化に成功。大幅に試作コストを削減しました。

● その他
輸送用機器、電気機器、精密機器、機械メーカー他、多数の導入実績があります。


<よく使用される業種>
産業用機械、ロボット、食品機械、民生用電気機器、産業用電気機器、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf組立品質のバラツキ削減

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

関連するものづくりソリューション

■ものづくりソリューション