測定の効率化

TOP > ものづくりソリューション > 生産技術/製造 > 測定の効率化

測定の効率化

概要

3Dモデルを活用した品質保証業務を実現して、想定作業の工数を削減!
本ソリューションは、3次元測定オフラインティーチング作成モジュールに繰り返しの測定作業を標準化して組み込み、効率的な測定作業を可能にする環境構築支援を提供します。

ユーザの測定ノウハウを組み込み、3DモデルからPMI・属性情報を自動所得し、測定パスを自動生成することが可能です。

● オフラインティーチングパスの生成
・ 3Dモデル上に位置指示することで、測定パスを生成することが可能
製品設計変更に対し、1クリックで測定パス再生成が可能
・ プローブ干渉を自動回避したパスを生成
・ シミュレーションによりプローブ干渉の確認が可能
・ 公差を考慮した測定結果の自動判定
・ 3D設計モデルに付与されたPMIから、オフラインティーチンパスを自動生成

● 測定ノウハウの組み込み
・ ユーザ独自の測定ノウハウを組み込むカスタマイズが可能
形状・用途から測定点を自動生成など

現場の抱える問題

●3Dモデル活用により寸法測定作業の効率と品質の向上を実現したい
・3次元測定機のマニュアル測定にて多くの作業時間を費やしている
・オフライン測定を行っているが作業工数が短縮できない
・図面と測定帳票を突き合わせる測定結果の確認作業に多くの時間を費やしている

期待される効果

● オフラインティーチングの測定準備作業の前倒実施により、リードタイムを短縮
● 測定ノウハウをシステムに組み込むことにより、効率の良いオフラインティーチングパスを定義し作業時間を短縮
● 測定結果の自動判定機能の活用により、測定結果報告書の作成工数を削減
● 3Dモデル上で測定結果を確認できるため、測定結果の伝達を効率良く行い、設計変更の早い判断が可能になる
● 3D設計モデルに付与されたPMIから、オフラインティーチンパスの自動生成が可能となり、測定工数短縮に貢献する
● 簡易図面運用により図面寸法がない箇所に対して、3Dモデル正により品質確認を行うことが可能

事例

●電機精密メーカー、自動車部品メーカー、重工・産業機械メーカー

導入目的:
・測定作業工数の削減
・3Dモデル正による設計製造効率化(設計製造連携)

導入効果
・マニュアル測定に比べ測定作業を50%削減
・3Dモデル正の品質評価により、図面寸法の簡略化を実現


<よく使用される業種>
鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf測定の効率化

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

関連するものづくりソリューション

■ものづくりソリューション