工程設計ソリューション

TOP > ものづくりソリューション > 開発・設計・製造プロセス > 工程設計ソリューション

工程設計ソリューション

概要

ISO準拠の3D設計データを工程設計に活用して、生産準備の効率化を実現!
本ソリューションでは、ISO 準拠の3D データを基に製造工程構成(BOP:Billof Process) の情報を作成し、生産準備の検討を効率良くおこない、関連帳票や画像情報の自動作成を可能にする環境構築ができます。

●JTフォーマットで出力される三次元CADの製品設計データを活用します
●3Dコミュニケーションツール「R-3D」を用いて、製品設計データや過去の工程設計情報を参照しながら、新たな工程を効率良く定義することができます
●設計変更に対応し、関連する帳票やスナップショット画像の自動更新出力が可能です

現場の抱える問題

●生産準備の検討業務が帳票を主体とした作業でおこなわれており、帳票データの作成、変更箇所の突合せ、修正対応などに多くの工数が費やされている
●三次元製品設計モデルの画像情報を使って帳票作成をおこなっているが、設計変更などによる更新作業に手間がかかり、実物写真を使用する場合と同等の工数が必要となる
●帳票を主体とした情報管理のため、抜けもれや誤りがあってもすぐに発見することが難しい

期待される効果

●帳票作成の工数削減
●設計変更の反映もれによる手戻り発生を予防
●情報の一元管理による抜け漏れや誤りの予防

事例

●電機・精密機器メーカー
・標準工程や作業ライブラリを構築して、工程設計時間を短縮する仕組みが構築されています

●その他、多数の導入実績があります。

<よく使用される業種>
樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医療機器、製造・加工受託、その他製造、教育・研究機関

もっと知る

本ソリューションの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。

pdf工程設計ソリューション

(PDFファイルをダウンロードいただくにはMyPageIDが必要です。
MyPageIDをお持ちでない方は こちら から作成してください。)

■ものづくりソリューション