セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > 第4回マルチボディダイナミクス技術講演会

第4回マルチボディダイナミクス技術講演会

ご挨拶


マルチボディダイナミクス協議会では、本年も技術講演会を開催いたします。
今回は、自動車関係でのCAE解析技術の活用事例として、同分野で長年活躍されて経験豊富であり造詣の深い、ミシシッピ州立大学の本山恵一教授と元トヨタ自動車のサワダ技研株式会社代表取締役の沢田 龍作氏にご講演いただきます。
さらに、海外でのマルチボディダイナミクスの活用状況を、本会と協力関係にある日本機械学会マルチボディダイナミクス研究会よりご紹介いただきます。そして、ソフトウェアベンダーによる関連ソフトの最新機能紹介ならびに展示も行います。現場の設計者、エンジニアの皆様の情報収集と意見交換など、お役にたつ貴重な機会になると確信しておりますので、是非ご参加いただき日々の業務にお役立てください。また、講演会終了後に交流会も予定しております(申込後に別途案内)。
皆様のご参加をお待ちしております。
 

開催概要

 
開催地 開催日 時間 会場 参加費用
東京 2016/10/07(金) 12:20~16:30
11:50受付開始)

国立オリンピック記念青少年総合センター

【  センター棟501室  】

無料(事前登録制)
定員 120名

交流会:会費2,000円
※ 講演会後の交流会に参加される方は、会費2,000円を当日徴収いたします。
  (詳細は申込み後に別途案内。会場準備の都合、9/27申込み分まで)
 定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。

プログラム

1.日本のものつくりとCAEへの期待

ミシシッピ州立大学   本山 恵一 氏

政府機関に於ける研究開発、民間企業での開発、CAEコンサルタントとしての活動等を振り返り、 CAEのものつくりへの貢献、産学官のものつくりに対する取り組み等を議論する。学生時代にFEMを学び、 その後、最適化、MBDと出会い、多くの現場のエンジニアの方々と議論した。それぞれの手法毎に印象に残った内容を紹介し、議論する。

2.国際会議の研究動向

(日本機械学会 マルチボディダイナミクス研究会より)

近年のマルチボディダイナミクスの国際動向について、国際会議で発表された研究を中心に各国の研究の動向や国際協力等の分析結果について報告する。

3.産業におけるCAE活用の歴史と今後の展望

サワダ技研株式会社(元トヨタ自動車)   沢田 龍作 氏

産業におけるCAE活用の20年の歴史と今後20年の展望を、トヨタ自動車のエンジン設計・開発部門で30年間CAE開発と活用に従事し、 また国内外の同業・異業種との交流を通して得たことをベースにご紹介する。

4.ソフトウェアの最新情報

計測エンジニアリングシステム株式会社、TechShare株式会社
ダッソー・システムズ株式会社、シーメンス株式会社
エムエスシーソフトウェア株式会社、株式会社電通国際情報サービス

マルチボディダイナミクスソフトウェアベンダー各社から最新情報を提供します。

※ プログラム内容、講演者、展示製品については変更となる場合がございます。予めご了承ください。

出展者(順不同) 
計測エンジニアリングシステム株式会社、 株式会社システムプラス、
ダッソー・システムズ株式会社、 シーメンス株式会社、 TechShare株式会社、
サイバネットシステム株式会社、エムエスシーソフトウェア株式会社/ 株式会社電通国際情報サービス

お申し込み

こちらのページ】よりお申し込みください。
(主催者サイトに移動します。)

セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関し、ご不明点等ございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

メールでの問い合わせ

セミナー事務局
TEL : 03-6713-7106

オンデマンドWebセミナー公開ライブラリー

セミナー・イベント アーカイブ