セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > 自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナー ~グローバルOEM&グローバルサプライヤーによる新たな協業モデルの変革~

自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナー
~グローバルOEM&グローバルサプライヤーによる新たな協業モデルの変革~

自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナー
主催 シーメンスPLMソフトウェア
協力 株式会社電通国際情報サービス

 

お客様各位

 
 

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
昨今の製造業の市場動向においては、「グローバル最適」という考え方に基づき、生産はもちろん、開発設計に関しても、グローバルで最適な拠点へと分散させる動きが多く見られます。
また、特に自動車の開発においては、管理すべきデータの複雑化、及び、グループを超えたアライアンスとコラボレーションの進展によって、自動車メーカーとサプライヤー間の仕事のやり方も大きく変化しつつあります。

その結果として、以下のような新たなお客様の課題をお聞きすることも多くなってきました。

  • OEMからの設計要件が複雑化しており、3Dデータを中心に関連情報を組み合わせたより密なコラボレーションを求められつつある。
  • 社内外でグローバル設計に対応するためのプラットフォームが必要な状況に直面している。
  • データ交換のためだけに取引先CAD環境を構築しているが、社内のシステムと2重持ちで非効率な状況になっている。
このような課題を解決すべく、今回は、PLMによるグローバルサプライチェーンの様々な価値の最大化、及びCADツールに依存しないダイレクトモデリング技術を中心とした効率的なマルチCADデータ運用等、皆様のグローバル最適化に向けた解決策をご紹介させていただきたく存じます。ご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

 
開催地 開催日 時間 会場 参加費用
東京

2016/3/17(木) 

13:30~17:00

(受付開始:13:00~)

品川フロントビル 新しいウィンドウが開きます

地下会議室A

108-0075
東京都港区港南2-3-13

無料
(事前登録制)
 

セミナー内容

  • 日産自動車様 ご講演!! 社内外を含めたコラボレーションの現状と取り組み、将来の展望について
  • 世界の自動車メーカーおよびサプライヤーの現状とその課題について
  • 本格化するグローバル開発時代を先取りする3Dデータ活用の最新動向
  • 自動車業界におけるOEM-OEM, OEM-サプライヤー協業
    ~サプライチェーンにおけるデータ流通とバリューチェーンの創造~
 

お申し込み

 事前登録
(申込みサイトへ移動します)
 

セミナー・イベント アーカイブ