セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > 「試作レスを加速する VR技術活用セミナー」 ~ものづくり現場における、VR活用の最新事例紹介と体験会~

「試作レスを加速する VR技術活用セミナー」
~ものづくり現場における、VR活用の最新事例紹介と体験会~

「試作レスを加速する VR技術活用セミナー」~ものづくり現場における、VR活用の最新事例紹介と体験会~
主催 株式会社電通国際情報サービス
参加対象:
製造業の方々(デザイン、設計、開発、生産技術、製造、マーケティング、情報システム)

セミナー開催のご案内


拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

製造業において、三次元設計および3Dモデルを活用し、試作レスを目指したさまざまな取り組みがなされています。
その中で、VR(Virtual Reality)技術を用いて3Dモデルをリアルに表現、実寸大で表示 し、さらに自ら仮想空間に入って作業を擬似体験することで、これまで実機でしかできなかった評価・検討や生産準備を、バーチャルモデルで実施することが可能になり、さまざまな場面で成果をあげております。
本セミナーでは、デザインから生産準備まで、ものづくりの現場でご活用いただける最新のVR技術をご紹介します。
さらに、ダイハツ工業株式会社様、マツダ株式会社様より、VR技術活用の取り組みについて、特別にご講演をいただきます。
また、最新VR機器を展示し、セミナー内容に即したデモをご体験いただけます。

ご多忙中のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。
 

敬具

開催概要

 
開催地 開催日 時間 会場 参加費用
東京 2016/02/26(金) 13:30~17:00

(12:30受付開始)
(17:30~19:30懇親会)

ISID 本社(品川)

港区港南2-17-1

無料
(事前登録制)
定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。
※ 17:30~の懇親会にご参加をご希望されるお客様は、お申込み画面のご要望欄に「懇親会参加希望」とご入力ください。

プログラム

12:30 ~ 13:30 開場・VR製品展示体験
13:30 ~ 13:40 開会挨拶
13:40 ~ 14:40
【ユーザ様 講演】
「VR技術の活用による生準プロセスの変革」
ダイハツ工業株式会社
生産支援部 技術企画室 坂東正夫 様
14:40 ~ 15:15 休憩・VR製品展示体験
15:15 ~ 16:15
【ユーザ様 講演】
「MR技術の活用による塗装量産準備プロセスの変革」
マツダ株式会社
車両技術部 塗装技術Gr 松永伸子 様
16:15 ~ 16:55
【パートナー講演】
「ルノーにおけるLumiscapheの活用事例」
ルミスカフ社
16:55 ~ 17:00 閉会挨拶
17:00 ~ VR製品展示体験
17:30 ~ 19:30 懇親会
※ 懇親会にご参加をご希望されるお客様は、お申込み画面のご要望欄に「懇親会参加希望」とご入力ください。

※ プログラム内容、講演者、展示製品については変更となる場合がございます。予めご了承ください。

 

展示製品

 
MR(Mixed Reality) 塗装シミュレーター(SPD3D) 没入型バーチャルリアリティ(IC.IDO)
  • MR
    (Mixed Reality)
3Dモデルと現物をリアルタイムに合成して表示し、体験者自身が原寸の3Dモデル空間の中に入って、実際の作業を体感することができます。
  • 塗装シミュレーター
    (SPD3D)
実物のワークや塗料を使わずに塗装訓練が行えます。短期間で塗装作業者の技能向上が図れます。
  • 大規模点群処理ツール (InfiPoints)
3Dレーザスキャナで取得した大規模点群データを高速表示し、編集します。
  • 没入型
    バーチャルリアリティ(IC.IDO)
3Dモデルを実物大で見ながら,製品の動きや組立作業を体感できます。
 
高品質デザインレビュー(LUMISCAPHE) カラーマッチングシステム(CI-Navigator) ハンディー3Dスキャナー(CREAFORM,Artec) デスクトップ3Dディスプレイ(zSpace)
  • 高品質デザインレビュー
     (LUMISCAPHE)
3Dモデルに高品質な質感を与え、写実的なCGをリアルタイム表示します。
  • カラーマッチングシステム
    (CI-Navigator)
塗料の物性値及び実測定値を管理し、デザインレビューソフト上の色と、実際の塗料の色の相違を無くすための、カラーマッチングソリューションをご提案します。
  • ハンディー3Dスキャナー
    (CREAFORM,Artec)
  • ヘッドマウントディスプレー
    (AiRScouter)
現物の製品・製造ライン・設備を測定し3Dモデルとして活用することができます。ヘッドマウントディスプレーを用いることでスキャンの作業性を向上します。
  • デスクトップ3Dディスプレイ
    (zSpace)
3Dモデルを体験者の視点に合わせて、立体視することができます。直感的なオペレーションで製品をわかりやすく確認することができます。

お申し込み

「個人情報の取り扱いについて」をご確認になり、ご承諾いただける場合は『同意して申し込む』ボタンをクリックしてご登録画面にお進みください。

<個人情報の取り扱いについて>

ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で利用させて頂き、ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。

個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。

個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

懇親会にご参加をご希望されるお客様は、
お申込み画面のご要望欄に「懇親会参加希望」とご入力ください。

※ MyPageIDをお持ちでない方はこちらから作成してください。

※ パスワードをお忘れの方およびID登録済みかどうかはこちらからご確認ください。

※ MyPageについての詳細はこちらをご覧ください。

セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関し、ご不明点等ございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

メールでの問い合わせ

セミナー事務局
金入千夏子、大西正寛
TEL 03-6713-8059

セミナー・イベント アーカイブ