セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > ISID ものづくり革新セミナー 2015 グローバル環境での金型設計、製造工程のものづくり革新 ユーザ事例:富士ゼロックス様のものづくり革新の取組み

ISID ものづくり革新セミナー 2015
グローバル環境での金型設計、製造工程のものづくり革新
ユーザ事例:富士ゼロックス様のものづくり革新の取組み

ISID ものづくり革新セミナー 2015
主催 株式会社電通国際情報サービス
協賛 シーメンスPLMソフトウェア
   株式会社 シー・アイ・エム総合研究所

お客様各位


拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

製造企業は、製品の販売市場、部品調達先、製造や開発の拠点をグローバルな枠組みで捉え、競争優位性を維持し収益を拡大するために、 各拠点の役割を明確にして、事業活動の全体最適化をしていくことが必要になっています。

日本国内の生産拠点は、基礎研究、製品開発、生産技術確立など、グローバル環境での生産活動の基盤を作る重要な役割が求められており、 マザーツールである金型についても、海外拠点に移転できる設計や製造の技術やノウハウを、国内拠点が構築し、 グローバル環境での品質、コスト、供給能力の競争力につなげていくことが重要な鍵となっています。

このたび、株式会社電通国際情報サービスが主催する「ISID ものづくり革新セミナー 2015」では、金型の設計と製造の領域にて、 日本国内拠点に期待される役割と、ものづくり革新につなげるための施策についての考察をご説明します。

さらにユーザー事例として、富士ゼロックス様より、金型設計と製造工程の技術革新の取り組みの実際について、特別にご講演をいただきます。

ものづくり能力の向上、グローバル環境での競争力の強化に関わる参考情報として、 「ISID ものづくり革新セミナー 2015」が皆様へのお役立ちとなれば幸いです。

ご多忙中のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

敬具

開催概要

 
開催地 開催日 時間 会場 参加費用
名古屋 2015/07/21(火) 終了しました 13:30~17:30

(13:00受付開始)

ISID 中部支社(名古屋)

名古屋市中区栄4-2-29
名古屋広小路プレイス

無料
(事前登録制)
東京 2015/07/22(水) 終了しました

ISID 本社(品川)

港区港南2-17-1

広島 2015/09/10(木) 終了しました

ISID 広島支社

広島市南区段原南1-3-53
広島イーストビル
(MaxValu段原店横)

定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。
 
【参加対象】
製造業の設計・開発部門、生産技術・製造部門、情報システム部門、経営企画部門の方々
※ 参加対象以外の方のご参加は、お断りする場合がありますので、予めご承知おきください。

プログラム

13:00 ~ 受付開始
13:30 ~ 13:40

ご挨拶

株式会社電通国際情報サービス

13:40 ~ 14:10

【はじめに】
グローバル環境を考慮した「ものづくり」における日本の役割

キーパーツの金型製作や提供だけでなく、自社で確立した「ものづくり」のノウハウを活用して、製品設計部門、海外工場、協力会社との密連携が求められてきている国内内製部門の役割。
グローバル製造環境における部品の「品質」「コスト」をコントロールする仕組み作りのビジョンについてご紹介いたします。

株式会社電通国際情報サービス

14:10 ~ 15:30 【適用事例】
金型、成形品の 「品質」 「コスト」をコントロールする手法の確立と、その効果

製品設計部門、海外工場、協力会社と密連携できる技術力をつけ、自社製品に最適な金型製作手法を確立するまでの過程と、その効果を、事例をまじえながらご紹介いたします。
株式会社電通国際情報サービス
15:30 ~ 15:45 ~休憩~
15:45 ~ 16:30 【特別講演】
金型要件チェックツールによる部品量産品質早期作り込み

富士ゼロックス様では、金型要件の作り込み不足により出図後に発生する手戻りを撲滅するため、設計途中の3DCADデータから金型成立性/部品量産性不具合懸念点を自動抽出する
「金型要件チェックツール」を独自開発し、新規型起工部品全点に適用しています。
これにより出図後の手戻りは10分の1に削減されました。本取組の社内活用事例をご紹介いただきます。
富士ゼロックス株式会社
モノ作り技術本部 様
16:30 ~ 17:00 【パートナー講演 】
グローバル環境における金型製造業向け生産管理

金型製造プロセスを見える化し、効率よく資源を割り当てることで生産性を最大化できるしくみをご提案いたします。
更に、CAD/CAMと工程管理が連携することで情報伝達のスピードアップと正確性を向上できます。
本講演では、NXとの連携イメージを含めて生産管理の導入メリットをご紹介いたします。
株式会社 シー・アイ・エム総合研究所
17:00 ~ 17:20 【関連ソリューションのご紹介】
本セミナーでご紹介するソリューションで利用されるプロダクトについてご紹介します。
株式会社電通国際情報サービス
17:30 閉会

※ プログラム内容、講演者については変更となる場合がございます。予めご了承ください。
 

お申し込み

「個人情報の取り扱いについて」をご確認になり、ご承諾いただける場合は『同意して申し込む』ボタンをクリックしてご登録画面にお進みください。

<個人情報の取り扱いについて>

お申し込みの際にご記入頂きました個人情報は、株式会社電通国際情報サービス、シーメンスPLMソフトウェア、株式会社シー・アイ・エム総合研究所が情報を取得・管理します。個人情報の取り扱いについては、各社のウェブサイトに掲載されている個人情報保護方針をご覧ください。
 株式会社電通国際情報サービス    http://www.isid.co.jp/policy/index.html
 シーメンスPLMソフトウェア     http://www.plm.automation.siemens.com/ja_jp/legal.shtml
 株式会社シー・アイ・エム総合研究所 http://www.cim.co.jp/kojin.html

※ MyPageIDをお持ちでない方はこちらから作成してください。

※ パスワードをお忘れの方およびID登録済みかどうかはこちらからご確認ください。

※ MyPageについての詳細はこちらをご覧ください。

セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関し、ご不明点等ございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

メールでの問い合わせ

セミナー事務局 担当:安藤、冨士川
TEL 03-6713-7106

セミナー・イベント アーカイブ