セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > バラツキ問題を3次元公差解析で解決! 公差設計力強化 Webセミナー

バラツキ問題を3次元公差解析で解決!
公差設計力強化 Webセミナー

バラツキ問題を3次元公差解析で解決! 公差設計力強化WEBセミナー
主催 株式会社電通国際情報サービス

お客様各位

イメージ図


このたび電通国際情報サービス(ISID)では、
バラツキ問題を3次元公差解析で解決!
「公差設計力強化 Webセミナー」

を開催いたします。

 

  • 公差は過去の図面の丸写し
  • 幾何公差が正しく使えない
  • 公差の累積による予期せぬ品質問題発生
など、設計者の「公差設計力」の低下にお悩みではありませんか?

 

本Webセミナーでは、そんなお悩みにお答えするため、3次元公差解析ツールを効果的に活用し、公差設計力を強化するためのアプローチ手法をご紹介します。
 

インターネットにアクセスできれば、お客様の自席から簡単に聴講できるWebセミナーです。
お気軽に、ご参加ください。
 

開催概要

 
開催地 開催日 時間 参加方法 参加費用
Webセミナー

2015/07/09(木) 終了しました

[1]15:00~16:00(14:45アクセス開始)
[2]18:00~19:00(17:45アクセス開始)


※ご都合の良い時間帯に参加ください
※講演内容は、[1][2]とも同様です。

ご登録の際に、
アクセス方法の
ご案内メールを
配信いたします。
無料
(事前登録制)
※本セミナーは2015/5/20実施のセミナーと同様の内容です。
※受付数に限りがございます。定員になり次第、締め切らせていただきます。
※競合各社様のご参加はご遠慮ください。

[注意点]
  • Webセミナーのため、インターネットに接続可能なコンピュータが必要です。
  • セミナーでは音声を配信いたしますので、周囲の方にご迷惑にならないよう、ヘッドフォンなどをご用意ください。
  • ご質問は、テキストチャットで受付いたしますので、マイクは不要です。
 

プログラム

[1]14:45
[2]17:45
アクセス開始
[1]15:00
~ 16:00

[2]18:00
~ 19:00
  • 公差設計力を強化する「3次元公差解析」とは?
3次元公差解析は品質・コストの両面から最適な公差設計を実現するためには、3次元CADと同様に「必須ツール」です。
手計算やEXCELによる累積公差計算とは何が違い、どのようなメリットがあるのか、またユーザー様における活用例をデモンストレーションにてご紹介します。
  • 「重要管理部位の抽出」のための公差解析活用法
3次元公差解析ソフトにてシンプルかつ短時間の操作で効果を出す手法の一つとして、目的を「どの部品・部位がこの製品のツボか=重要管理部位」に絞る解析が有効です。
重要管理部位を中心に公差指示改善や不具合対策を行うことにより、効果的なコスト・品質の改善が可能です。
本セッションではデモンストレーションによりその手法をご紹介し、問題解決に向けたアプローチをご紹介します。
 

お申し込み

「個人情報の取り扱いについて」をご確認になり、ご承諾いただける場合は『同意して申し込む』ボタンをクリックしてご登録画面にお進みください。

<個人情報の取り扱いについて>

ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で利用させて頂き、ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。

個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。

個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

※ MyPageIDをお持ちでない方はこちらから作成してください。

※ パスワードをお忘れの方およびID登録済みかどうかはこちらからご確認ください。

※ MyPageについての詳細はこちらをご覧ください。

セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関し、ご不明点等ございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

メールでの問い合わせ

営業企画推進部
セミナー事務局
TEL 03-6713-7106
 

セミナー・イベント アーカイブ