セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > 金型品質向上セミナー シミュレーション技術と金型測定技術の活用事例

金型品質向上セミナー
シミュレーション技術と金型測定技術の活用事例

金型品質向上セミナー シミュレーション技術と金型測定技術の活用事例
主催 株式会社電通国際情報サービス

お客様各位


金型製作には、短納期化と低コスト化の競争と同時に、複雑な樹脂製品の成形を実現する金型品質が求められています。
過去の経験に基づいて対応できる範囲は限られており、要求される品質水準を確保するために、合理的な施策が必要となっています。
本セミナーでは、金型品質向上に貢献するソリューションとして、シミュレーション技術(CAE)と金型測定技術について
活用事例を交えてご紹介します。
 

< ご紹介するトピックス >

シミュレーションの活用による金型品質の向上
  金型の設計段階で、成形不良現象の発生を予測し、適切な回避策を打つことによって、手戻りをすることなく高品質の金型をより短期間で製作し、修正コストを大幅に削減することができます。
本編では、成形問題の発生に関連する金型の挙動予測にシミュレーション技術を 活用し、金型設計を最適化する適用例をご紹介します。
  • 離型性:抜き勾配、Eピン配置の違いによる離型性の評価
  • 冷却性:冷却管配置、入れ子材質による金型の冷却性の評価
  • 金型剛性:剛性不足によるたわみ、入れ子の変形、割れの問題の把握
イメージ図
   
ユーザ事例 「シミュレーションを用いたゲート位置検討」:ヤマハ発動機株式会社 様
  ヤマハ発動機株式会社様では、魅力的な意匠を具現化する製品形状を樹脂部品を用いて実現しています。 樹脂部品に求められる形状がますます複雑化する中で、高い製品品質を維持するために、金型設計の構想段階で樹脂成形シミュレーション技術を用い、金型剛性やバリ発生リスクを事前に予測し、効果的な対策を実施する取り組みについて、ご紹介していただきます。
   
加工機による機上測定および、CAD/CAM連動の接触式3次元測定の活用事例
  イメージ図 高品質の金型を製作するためには、製品の測定だけではなく加工後の金型も精密に測定し、設計仕様を満たす形状であることを確認することが重要です。 一方、3次元測定機による測定では、工作機械からの段取り換えやキャリブレーションなどで多くの作業が必要になります。 また、3次元測定機を品質管理の合否判定目的で使用している場合、他部門が利用しにくい環境になりがちです。
本編では、近年実用化技術の進化が著しい、加工後の段取り換え無しで測定ができる機上測定技術CAD/CAM連動の3次元測定技術の適用例をご紹介します。

開催概要

 
開催地 開催日 時間 会場 参加費用
名古屋 2015/05/22(金) 終了しました 13:30~17:00

(13:15 受付開始)

東京第一ホテル錦

 愛知県名古屋市中区錦3-18-21
 *地下鉄 東山線/名城線栄駅下車後1番出口より徒歩2分
 *代表tel:052-955-1001
無料
(事前登録制)
東京
2015/06/01(月) 終了しました
 
*InterMold配布の
 案内から日程が
 変更されています

ISID 本社(品川)

港区港南2-17-1

セミナーの内容は、予告なく変更させていただく場合がございますので、予めご了承下さい。
定員になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承ください。
同業者様からのお申し込みは、お断りさせていただくことがあります。

アジェンダ

13:15 ~ 受付開始
13:30 ~ 14:00

イントロダクション

本セミナー開催に至った、金型製造企業を取り巻く事業環境の変化と各企業が取り組むべき課題について、弊社の認識をご説明いたします。

 

株式会社 電通国際情報サービス

14:00 ~ 15:20

本編1 シミュレーションの活用による金型品質の向上
シミュレーション技術を活用した,金型特性を予測する評価技術についてご紹介します。

  • 離型性:抜き勾配、Eピン配置の違いによる離型性の評価
  • 冷却性:冷却管配置、入れ子材質による金型の冷却性の評価
  • 金型剛性:剛性不足によるたわみ、入れ子の変形、割れの問題の把握

 

株式会社 電通国際情報サービス

  ~休憩~
15:30 ~ 16:00 本編2 特別講演 ユーザ事例「シミュレーションを用いたゲート位置検討」
金型設計の構想段階で樹脂成形シミュレーション技術を用い、金型剛性やバリ発生リスクを事前に予測し、効果的な対策を実施する取り組みについて、ご紹介していただきます。
 
ヤマハ発動機株式会社  生産技術部
小倉 純一様
16:00 ~ 16:40 本編3 加工機による機上測定および、CAD/CAM連動の3次元測定(接触式)の活用事例
金型形状を効率よく測定できる、以下の2つの技術の適用例をご紹介します。
  • 機上測定技術
    対象物の着脱やキャリブレーションの繰り替えをすることなく、加工機上で測定を行う技術
  • 測定パス作成技術
    CAD/CAMと連携し、金型の設計や加工情報を用いて測定パスを作成し、測定結果を設計データとの比較検証に活用する技術
株式会社 電通国際情報サービス
16:40 ~ 17:00 クロージング 関連製品のご紹介
本セミナーでご紹介するソリューションで、利用されるプロダクトについてご紹介します。
  • シミュレーション領域
    NX Design, NX CAE、Mold Planner、生産要件チェッカー、Autodesk Moldflow
  • 測定領域
    NX CAM、NX CMM Inspection Programming、NX On Machine Probing
株式会社 電通国際情報サービス

※ プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。
 

お申し込み

「個人情報の取り扱いについて」をご確認になり、ご承諾いただける場合は『同意して申し込む』ボタンをクリックしてご登録画面にお進みください。

<個人情報の取り扱いについて>

ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で利用させて頂き、ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。

個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。

個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

※ MyPageIDをお持ちでない方はこちらから作成してください。

※ パスワードをお忘れの方およびID登録済みかどうかはこちらからご確認ください。

※ MyPageについての詳細はこちらをご覧ください。

セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関し、ご不明点等ございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

メールでの問い合わせ

金型品質向上セミナー事務局
TEL 052-238-4574

セミナー・イベント アーカイブ