セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > Product Development セミナー 2014

Product Development セミナー 2014

主催

ISID South East Asia (Thailand) Co.,Ltd

株式会社電通国際情報サービス

 

お客様各位


日本の製造業様の海外拠点の位置付けは、従来の製造拠点から開発拠点へと大きく変わってきています。
それに伴い、「設計ができる」技術者育成の重要性が今まで以上に高まっております。
本セミナーでは、開発現場に重要な要素技術であるCAE技術の活用による事前検証手法についての事例とその周辺技術についてご紹介、また、開発業務の見える化を通して開発の標準化と擦り合わせ技術の定着を進める手法の紹介を行います。
いずれも日本国内の設計現場では定着が進んでいる技術となります。多くの製造業の皆様に有益な情報をご提供致したく、
ご多忙と存じますが万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますようお願い申し上げます。

開催概要


日本語での資料・説明の他に、英語資料及びタイ語同時通訳を用意しております。
タイのマネジメントの方もお誘いあわせの上、ご参加ください。
 
開催地 開催日 時間 会場 参加費用
タイ王国 2014/11/20(木)終了しました

セミナー:
13:30~18:00
(受付開始13:00~)

懇親会:
18:00~
 

タイ王国

スワンナプーム空港隣接
Novotel Bangkok
Suvarnabhumi Airportホテル
新しいウィンドウが開きます

無料
(事前登録制)
定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。誠に勝手ではございますが、定員に限りがございますので、同業者のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
お申込いただきました個人情報は、主催のISID South East Asia (Thailand) Co.,Ltd、株式会社電通国際情報サービスへ提供させていただきます。無断でその他の第三者に個人情報を提供することはございません。

アジェンダ


言語:
<説明>
日本語及びタイ語(同時通訳)  <資料>日本語及び英語 
13:30~13:45
ご挨拶
ISID South East Asia (Thailand) Co., Ltd.
13:45~14:30

ユーザ事例紹介
『商用車開発におけるCAE活用事例(グローバル開発に向けて)』

いすゞ自動車株式会社
CAE・システム推進部 CAE企画グループ
グループリーダー 新居 直樹 様
 

開発拠点のグローバル化が進行する中、製品開発におけるCAEの重要性が高まっております。その中で、いすゞ自動車の商用車開発におけるCAEの位置付けと具体的な取り組みについてご紹介いたします。

14:30~15:15

「設計現場におけるNX-CAE活用と解析自動化システム」

株式会社電通国際情報サービス
 

設計者向けCAEシステムであるNX CAEを用いた事前検証の仕組みの設計現場での活用方法とその事例を紹介します。また、当社の解析自動化システムCAE-ONEを用いた設計現場での早期CAE立上げ方法のご紹介をいたします。

15:15~15:35

「開発現場におけるリバースエンジニアリングの活用」

株式会社電通国際情報サービス
 

昨今の点群測定ツールの低価格化、高性能化により点群データを用いたリバースエンジニアリングが設計現場にも定着してきました。ここではCADdoctor,NXを用いて開発業務を加速させるリバースエンジニアリングの活用方法についてのご紹介をいたします。

15:35~15:55

休憩

15:55~16:25

「開発業務の現地化に向けた技術者力の強化アプローチ」

株式会社 iTiDコンサルティング
 

海外開発拠点の課題の一つとして、現地エンジニアの“技術者力”強化が挙げられます。技術者力強化のための“課題解決スキル”の習得と“行動特性”のレベルアップについての取組みをご紹介します。

16:25~17:15 「iQUAVISを活用した品質/業務プロセスマネジメントのご紹介」

株式会社 電通国際情報サービス
株式会社 iTiDコンサルティング
 

品質マネジメントとプロセスマネジメントを支援するソリューションをご紹介いたします。
前者を支える“技術の見える化”ソリューションは、設計の原点に立ち返り、製品の要求性能や品質と、製品の構成要素や仕様の関係を定義するものです。ベテランのノウハウや擦り合わせ技術を誰もが活用できる仕組みをご紹介いたします。
後者を支える“業務の見える化”ソリューションは、日程管理を行うだけでなく、仕事の進め方、成果物管理等、正しい業務のナビゲーションを行う事ができるソリューションです。その基幹システムであるiQUAVISのご紹介をいたします。
17:15~17:45 「iQUAVISを活用したプロセスマネジメント事例紹介」

株式会社 電通国際情報サービス
 

日本国内におけるiQUAVISの活用事例(光学機器メーカー様、建設機械メーカ様におけるプロセスマネジメント事例)をご紹介いたします。

17:45~18:00 質疑応答
18:00~ 懇親会

セミナー終了後、同会場にて懇親会を実施いたします。軽食等をご用意しておりますので、是非、ご参加ください。

※ セミナーの内容は、予告なく変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

お申し込み

「個人情報の取り扱いについて」をご確認になり、ご承諾いただける場合は『同意して申し込もう』ボタンをクリックしてご登録画面にお進みください。

<個人情報の取り扱いについて>

ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で利用させて頂き、ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。

個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。

個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

                  (現地法人サイトへ移動します(English))

※ MyPageIDをお持ちでない方はこちらから作成してください。

※ パスワードをお忘れの方およびID登録済みかどうかはこちらからご確認ください。

※ MyPageについての詳細はこちらをご覧ください。

セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関し、ご不明点等ございましたら、セミナー事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

Product Developmentセミナー 事務局(加藤美穂、大西盛豊)
【タイ】:+66 (2) 632-9112  seminar_th@isidsea.comメーラが起動します
【日本】:03 (6713) 6131 又は 弊社担当営業  ecust-semi@isid.co.jpメーラが起動します

セミナー・イベント アーカイブ