セミナー | ISID 設計・製造ソリューション

TOP > セミナー > INTERMOLD 2014 オープンセミナー講演のご案内 「事例に学ぶ、樹脂製品の開発における手戻り削減のポイント」

INTERMOLD 2014 オープンセミナー講演のご案内
「事例に学ぶ、樹脂製品の開発における手戻り削減のポイント」

オープンセミナー「事例に学ぶ、樹脂製品の開発における手戻り削減のポイント」
 
イベント主催
セミナー協賛
社団法人日本金型工業会 [ 主催者サイト新しいウィンドウが開きます ]
オートデスク株式会社 [ 協賛者サイト新しいウィンドウが開きます ]

お客様各位

 
 

弊社は、2014年4月16日(水) ~ 19日(土)、インテックス大阪にて開催される『第25回INTERMOLD 2014』にオートデスク株式会社のパートナーとして出展し、特設会場で催されるオープンセミナーにて以下の内容の講演をさせていただきます。[弊社出展案内]
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

開催概要

 
開催地   開催日 時間 会場 参加費用
大阪 1回目

2014/04/16(水)終了しました
第2会場 

第5セッション

14:30~15:15
(10分前から入場可)

インテックス大阪 新しいウィンドウが開きます

6号館A 第2会場新しいウィンドウが開きます

〒559-0034
大阪市住之江区
南港北1-5-102

INTERMOLD 2014
入場料:1000円

主催者サイトからの
事前Web登録、
招待券持参により無料※
 
2回目

2014/04/19(土)終了しました
第2会場 

第1セッション

10:30~11:15
(10分前から入場可)

事前Web登録、招待券持参により無料

オープンセミナーは事前登録の必要はありません。
オートデスクブースは、6号館A 6A-801 になります。

概要

■講演タイトル
「事例に学ぶ、樹脂製品の開発における手戻り削減のポイント」
■講師
 株式会社 電通国際情報サービス
 
■内容

イメージ図

リョービ(株)様の解析事例を
ご紹介いたします。

樹脂製品の成形不良は手戻りを発生させ、貴社の製品の市場投入や金型の納期の
遅延、またコストの増加の原因となります。
手戻りを削減し低コストで樹脂製品を開発するためには、成形性の事前検討が必
須です。
本セミナーでは、リョービ(株)様がどのように成形性を事前検討しておられるかを
ご紹介します。
また、効果的な事前検討を実現するための重要ポイントをご紹介します。
Ⅰ. 検討事項と検討手段の明確化
Ⅱ. 設計と製造の役割分担
Ⅲ. 最新ITツールの活用
 
是非、本セミナーにご参加頂き、貴社のご業務にお役に立て頂ければと存じます。


 

 

お申し込み(INTERMOLD 2014 事前Web登録)

 事前登録

セミナー、出展に関するお問い合わせ

セミナー、出展に関し、ご不明点等ございましたら、INTERMOLD2014事務局までお問い合わせください。

株式会社電通国際情報サービス

メールでの問い合わせ

ES事業部 ソリューション営業部
(INTERMOLD2014事務局 杉山・安田)
TEL 03 (6713) 8005

セミナー・イベント アーカイブ