solidThinking Activate

TOP > 製品・サービス > solidThinking Activate 複合領域システムシミュレーション

solidThinking Activate 複合領域システムシミュレーション

 
 

モデルベース開発を強力にサポートする1Dシミュレーション

solidThinking Activateは、複合領域システムのモデル作成、解析、最適化を可能にする、製品開発、システムシミュレーション、制御エンジニアリングの技術者のためのツールです。Activateはモデルベース開発を支援し、すべての設計要件を検証し、設計プロセスの初期段階からシステムレベルの問題を把握し最適化することを可能にします。Activateのブロックダイアグラムの直感的な操作環境で、実際のシステムの機能を素早く確認し、プロトタイプモデルを作る前に新しいアイデアを検証することを容易にします。マトリクスベースの数値計算言語とインタラクティブな統合プログラミング環境を提供するsolidThinking Compose、および組み込みシステムのモデルベース開発のためのビジュアル環境を提供するsolidThinking Embedとの組み合わせで活用することができ, solidThinking Activateはモデルベース開発の推進を強力に支援します。
特徴
  • 連続系と離散系のハイブリッドシステムのモデルベース開発
  • 階層的なパラメータ化された複合領域システムモデル
  • 同じダイアグラム内での信号ベースと物理モデリングのコンポーネントの組み合わせ
  • 拡張が容易な、組込み済みブロックライブラリーと管理ツール
  • Functional Mock-up Interface(FMI)を介したモデル交換と連成シミュレーション
  • マルチボディダイナミクスとの連成シミュレーション
  • 実行コードへのモデルコンパイル
 

期待される効果

ロバストな設計

あらゆる複合領域のシステムのダイナミックな挙動をシミュレートし、性能改善の検討をすることができます。Activateを用いて、さまざまな部品の計測、駆動、制御の機能を統合した高性能システムのモデル作成、解析、検証を容易に行うことができます。
 

機能評価の早期実施

Activateを用いたモデルベース開発は、設計プロセス全体でのコミュニケーションに寄与する共通フレームワーク構築のための効果的なアプローチを可能にします。システムレベルのさまざまな仮説検証を実施し、システムを構成するすべての部品の複数設計の調査を素早く行うことができます。

 

システムレベルの性能の向上

Activateを用いて、すべての設計要件が満たされていることを確認しながら、設計プロセスの早い段階でシステムレベルの問題を把握することができます。Activateの組込み済みブロックの標準セットを用い、モデルをシステムに簡単に結合することができます。Activateでは、より複雑なプラントや制御モデルの定義に、Modelica物理コンポーネントの多様なライブラリを容易に活用することができます。

 
 
複合領域のシステムモデルの最適化



 

複雑なシステムモデルを素早く作成

直感的なダイアグラム作成

  • ドラッグ&ドロップと接続設定による、素早いモデル構築
  • 複数画面表示をしながら、各画面内のダイアグラムをドラッグ&ドロップやコピー&ペーストで修正
  • 単一セッションで複数モデルの同時操作が可能

   
   複合領域のスマートなシステムモデル     連続系と離散系のハイブリッドモデルのシミュレーション

 

複合領域のシステムモデリング

  • 連続系と離散系のダイナミックなシステムのモデル化とシミュレーションが可能
  • 現実界の複雑なシステムを表現する、機械、電気、制御など、複数の物理領域を含むシステムモデルの作成
 
物理コンポーネントと信号ベースの組合せモデリング


 

​階層構造のパラメトリックなモデリング

  • 信号ベースと物理モデリングのライブラリーを用い、複数部品で構成されるシステムの階層を構築
  • 同一モデルに信号ベースと物理モデリングのブロックを組み込んだシステムをシミユレート
  • 大規模で複雑なモデル作成を容易にする、複数ブロックをひとつに集約したスーパーブロックの利用
  • スーパーブロックにより、モジュラー化されたサブシステムの再利用、外部提供時のモデル秘匿化が可能
  • 階層構造のモデルで、パラメーターを異なるレベルで定義することが可能
  • ダイアグラムの中ですべての利用可能なパラメーターオプションのナビゲート、すべてのパラメータのレポート取得
  • モデルからC-コードを直接生成
 
マルチビューで階層化されたモデルを編集


 


機能 1/3
ページ移動>   1   2   3         

信号ベースと物理コンポーネントのライブラリー

組込み済みのブロックベースモデルのライブラリー  

  • 多様な事前定義されたブロックをライブラリーシステムとして内臓
  • Mdelica言語、C言語、HML言語数式記述を用い、ユーザー独自のカスタムブロックの新規作成、置き換え、ライブラリーへの保存が可能
 
   
ライブラリーに保存されたコンポーネントを用い、構成部品を組替えたシステムモデルを素早く評価
 
 

Modelicaを用いた物理コンポーネントモデリング

  • Modelicaを用い、Activateの機能拡張が容易
 
Modelicaコンポーネントを用いたシステムモデリング

ライブラリー管理

  • コンポーネントやアッセンブルのカスタムアプリケーションの作成が容易
  • 高度なライブラリー管理を可能にする、API機能の統合開発環境
 


 


機能 2/3
ページ移動>   1   2   3         

豊富なシミュレーション機能

ハイブリッドシミュレーター

  • 連続系と離散系を組み合わせたダイナミックなシステムの挙動を、正確に安定して計算する、複数の高性能数値解析ソルバー
 

最適化

  • システムパラメータの改善や制御ストラテジーのロバスト設計のための、BOBYQA最適化ブロックによる最適化問題の定式化
  • 外部関数コールやリンクを必要としない、直接利用可能な最適化ブロック
  • max-minとmin-maxの問題の定式化に複数の最適化ブロックを組み合わせる
  • グラフィカル最適化ツール : もっともシンプルな方法で最適化問題の定式化と計算を実行
  • スクリプトを用いた最適化 : 一般的な最適化問題を解く強力なメカニズムで、Activateシミュレーション結果と数式スクリプトの組み合わせから得られるコストと拘束を対象

FMI2.0準拠のモデル交換と連成シミュレーション

  • FMI2.0準拠のFMUのインポートとエクスポートをサポートし、外部ツールとのモデル交換とダイナミックなシステム連成シミュレーションが可能




 

マルチボディーダイナミクスとの連成シミュレーション

  • マルチボディシステムを含む複雑なモデルと複数の制御サブシステムとのシミュレーションを可能にする専用インタフェース
  • システム全体を効率良く解くために、マルチボディーシステム(MBS)はMBS解析ソルバーで計算し、制御システムはActivateで計算
 
マルチボディーダイナミクスとシステムモデルの連成シミュレーション

 

線形化

  • シミュレーション実行中の指定時間、あるいは入力、出力、派生結果の状態が定常になった時点、のいずれかのポイントで、ブロックを線形化したモデルを作成

 

モデルコンパイルによる実行コード生成

  • システムシミュレーション高速化と知的財産保護のためのコード生成をサポート
 


 


機能 3/3
ページ移動>   1   2   3    

ロボット:マルチボディーダイナミクスと制御システムの連成シミュレーション

 
 




 

ホール削掘機械:概念設計段階でのシステムレベルの評価

 
     

 



 

パンタグラフ:ダイナミックなシステムシミュレーション
 

   
 
 

 
資料請求はこちら