Connected SLM サービス領域のコトづくり統合ソリューション

TOP > 製品・サービス > Connected SLM サービス領域のコトづくり統合ソリューション

Connected SLM サービス領域のコトづくり統合ソリューション

 
 
 

概要

製造業では、モノを製造し販売するだけでなく、サービスで収益を生み出す活動が拡大しています。サービス提供の価値を高めるためには、複雑化するサービスのプロセス自動化や処理の迅速化が重要な課題になっています。さらに、モノのインターネット(IoT)により納品済み製品の稼働状況などのモノから得るデータを活用して様々なサービスを構築し、新たな価値を顧客に提供していくことが、これからの製造業の競争の軸となっていきます。
ISIDでは、サービスライフサイクルマネジメント(Service Lifecycle Management:SLM)とIoTを融合した、製造業のサービス業務を統合的にサポートする、Connected SLMソリューションを提供します。

 
PTC社資料より転載
 
Connected SLMソリューションは、サービス領域の業務効率の向上と、製造業が新しい価値をユーザーに提供するコトづくりを加速し、ビジネスモデルの革新を強力に支援していきます。
 
  

特長

IoTが昨今注目されるようになった理由には、センサーの小型化と低価格化、通信モジューの劇的な進化により、さまざまな製品とのリアルタイムの通信が、容易に、かつ、安価に実現できるようになってきた背景があります。
製造業のこれからの最大の課題は、従来のモノを作り提供することで収益を得るビジネスモデルから、IoTでモノから得るデータの活用により、これまでにない価値を提供する新たなサービスを創造し、競合との差別化を図る新たなビジネスモデルの変化に対応していくことです。
単にIoTを技術として活用するだけでなく、顧客のビジネスに役立つサービスの創出、すなわちコトづくりを推進していくことが新たな価値創造の重要なポイントになります。
Connected SLMソリューションは、IoT技術を活用しサービス領域による新たな価値の創出を支援します。

 

Connected SLMソリューションの特長

Connected Field Service

顧客に納入した機器から得たデータにより予知保全を行い、ダウンタイムを削減やサービスでの売上向上やクロスセル・アップセルを予測します。
いままでは顧客からの問題連絡を受けてから作業対応していた受け身のサービスから、IoTを活用することで、事前予測による提案型のサービス対応が可能になります。
 

Smart Product

IoTを製品に組み込むことで、今までの製品とは異なる新たなサービスや価値を提供することを可能にします。
新規事業の推進では、一気にすべてを進めるのではリスクが高く、かえって時間がかかります。社内ベンチャー組織のような活動で状況の変化に機敏に対応し、機動的に段階を経て進めていくことが効果的です。
 


ISIDは、ビジョン、戦略、取組み、評価指標を考える場をユーザ企業に提供します。ISIDが開催する短時間集中型のディスカッション・ワークショップでは、IoTを活用したものづくり構想をメインテーマにして、自社の事業の方向性、業務上の課題、プロセス改善、ICT活用能力を俯瞰的に評価し、他社の取り組み事例から学習する機会を持つことができます。





 
資料請求はこちら