MREAL Mixed Reality:複合現実感システム

TOP > 製品・サービス > MREAL Mixed Reality:複合現実感システム

MREAL Mixed Reality:複合現実感システム

3Dデータの実体がそこに“ある“

 

現実空間上に、CGデータが3Dで現れます
<この動画を再生するには、Adobe Flash Playerが必要です>

MR(Mixed Reality:複合現実感)とは、現実世界と仮想世界をリアルタイムに融合させる映像技術。

3Dデータを見るのではなく、
「そこに実体がある」
という体感を生み出します。


MRシステムの活用により、企業活動のさまざまな場面で3D実体を体感しながら業務を効率良く進めることが可能になり、3Dデータの利用範囲が飛躍的に広がります。
ISIDは、製造業企業の開発業務を効率化するさまざまなMRソリューションを提供します。

※MRデモルーム(ISID本社)では、MR体験コースをご利用できます。
 

現実とCGの融合

3Dデータを基に、現実空間にあたかもそこに実体があるように3Dモデルを表示します。
現実世界の物体と3Dモデルを重ね合わせて見るなど、製造業の、製品の設計・開発などさまざま検討に使うことが可能です。

現実の環境空間の中に、利用者には製品の3Dモデルが実体感を伴って見えています。

自由視点

体験者の視点の動きに追従し、自由な角度から3Dデータのモデルを観察することができます。
3Dデータ作成に関わった設計や解析の担当者だけでなく、開発マネジャーや、製造、販売、メンテナンスなどの他部門のメンバーが、実体感のある3Dモデルを見ながら製品を理解し、各々の視点で検討を進めることができます。

同じ環境空間の中でひとつの製品3Dモデルを複数の人が同時に異なる視点から見ることが可能です。

実寸感覚

実寸法がモニター画面に収まらない大きな製品、製造設備、建築物などを実体感のある3Dモデルで見ることができます。
大きな設備の中に入っての作業や、高所作業のシミュレーションなどで3Dモデルを有効に利用することができます。

プラント内の装置レイアウトを実寸大の感覚で理解しながら、設計案についての操作性に検討をすることができます。

 

インタラクティブ操作

製品を持つ・動かす・操作するなど、さまざまなインタラクション(相互作用)を体験することができます。実体感のある3Dモデルで製品の操作性・動きを評価し確認することができます。

操作者が動かす手持ちのマーカー(実物)の位置に合わせて、ハンドドリルの3Dモデルが移動します。

<この動画を再生するには、Adobe Flash Playerが必要です>

 
 

システム構成

 

システム構成概念図

ヘッドマウントディスプレイ
ヘッドマウンドディスプレイには左右2のビデオカメラが搭載され、装着者の動きに追従し現実世界をキャプチャーしたデータがメインシステムに送られます。現実ビデオ画像と3DデータCGを合成した情報がメインシステムからヘッドマウンドディスプレイに送られ、ヘッドマウンドディスプレイのマイクロディスプレイを通じて装着者の視野に映されます。ヘッドマウンドディスプレイの位置姿勢の変化にリアルタイムに連動した、現実と仮想の3D合成画像を体感することができます。
 
位置姿勢センサーシステム
各種センサーシステムはヘッドマウントディスプレイの位置姿勢を計測し、メインシステムに計測データを送ります。位置姿勢の情報に基づいてメインシステムが装着者の視点に合わせた映像データを瞬時に作りだし、ヘッドマウントディスプレイに送ります。位置姿勢の計測方式には、光学カメラ、磁気式センサー、MREALマーカ方式などの異なるタイプがあります。
 
表示アプリケーションデータ
CAD/CAM/CAEなどの各種汎用3Dアプリケーションで作成された3DデータをMRシステムで表示することができます。


 

設計分野:1/1スケールでの立体表示

スプリング・ダンパーのバーチャル組付け検証

スプリング・ダンパーのバーチャル組付け検証
3DCADで設計したデータを実寸3Dモデルで表示します。質感評価・視認性確認・組付け検証などで、あたかも目の前に試作機があるかのように試作前の事前評価・検証を進めることができます。
検証の精度が高められ、デザインレビューを効率良く行うことができ、開発期間短縮および試作後の手戻り削減に貢献します。

<特長・効果>
・アニメーション、カットモデル表示、注記などのCAD表示機能をサポート
・同じ3Dモデルを複数メンバーが各々の視点でリアルタイムに表示

遠隔地空間共有
拠点間で同じバーチャルモデルを見て、情報共有することができます。
お互いの頭と手の位置を共有することで、遠隔地の体験者がすぐとなりにいる感覚でコミュニケーションを図ることができます。拠点間デザインレビュー、組立作業トレーニングなどに活用できます。
 









 

解析分野:実機と重ねての解析結果表示

自動車ボディ周りの流体解析結果の確認
<この動画を再生するには、Adobe Flash Playerが必要です>

自動車ボディ周りの流体解析結果の確認
見えないものが存在感をもって現れます。
空気の渦や流れの解析結果を実機に重ねて3Dモデルでわかりやすく表示することができます。
実機の操作者の視点で現象を観察することで、デザインレビューでの評価の精度を高めることができます。また、評価熟練者が検討する時の姿勢や視点をスクリーンに表示し参加者が共有することで、技術トランスファーや教育に活用することが可能です。
 
<適用例>
・製品性能評価のシミュレーション(構造・流体・機構・衝突解析など)の結果を試作機に重ねて表示
・自然現象のシミュレーション(地震、津波、大気流れ、潮流など)の結果を環境画像データに重ねて表示

 

製造分野:バーチャル生産ラインの実寸実速度の表示

 

バーチャル生産ライン

生産ラインの実機と同じ実寸で、同じ速度で稼動している状態の事前検証
あたかも目の前に生産ラインがあり、稼動している工場にいるかのように、生産ラインの事前検証を行い、機能評価や性能確認を効率良く行うことができます。新規設備構築や現存設備の改修増設にて、設計期間短縮および設置後の調整や手戻りの工数削減に貢献します。

・組立性の検討
生産ラインのレイアウト評価
作業性の検討
生産手順の確認・トレーニング
仮想生産ラインでの確認・評価・検証
遠隔地の生産ラインの評価

資料請求はこちら