Teamcenter 製品ライフサイクル マネジメント ソリューション

TOP > 製品・サービス > Teamcenter 製品ライフサイクル マネジメント ソリューション

Teamcenter 製品ライフサイクル マネジメント ソリューション

Teamcenterは、シーメンスPLMソフトウェアの開発による、世界で最も導入されている 製品ライフサイクル・マネジメント(PLM:Product Lifecycle Management)のソリューションです。
Teamcenterを利用することで、製品ライフサイクルに関わる組織内のすべての人々が必要な情報を必要な時に利用することが可能になり、製品開発の上流から製造、販売、保守に至るすべてのプロセスにて、より優れた意思決定を迅速に行うことができるようになります。
ISIDはTeamcenter導入展開のサービスを通して、製造業企業の皆様がPLM活用成果を最大化する支援を提供しています。
年々複雑さを増す製品の開発業務の生産性を最大化し、製品ライフサイクル全体の継ぎ目のない業務連携を可能にし、グローバルなビジネス環境で俊敏な活動が行えるよう、ISIDは製造業企業の皆様のTeamcenter活用を強力にサポートします。

 

豊富な業務アプリケーション

Teamcenterを利用することにより、システム開発や新しいプロセス構築での迷いをすることなく、すばやくPLM環境を構築することができます。PLMの成熟度を高めるために、ユーザはTeamcenterの実証済みの業務アプリケーションの中から自社に適した戦略を選択し、段階的に展開していくことができます。

 

            ​スタート段階: 設計プロセス管理、ドキュメント管理、BOM(部品表)、プロジェクト管理
            拡張の段階: 要件管理、サービスライフサイクル管理、製造プロセス管理、サプライヤ業務連携
            変革の段階: コスト管理、サステナビリティと環境コンプライアンス、システムズ・エンジニアリング

 

関連ページ

関連資料


​​    Teamcenter Overview カタログ(シーメンスPLMソフトウェアのサイトが表示されます)



 

Teamcenterは、PLMプラットフォームとして、製造業企業の基幹システムに求められる高度な機能を提供します。

  • 開発技術、生産技術、要件、日程、変更、設計、解析、製造工程などの多様なデータを包含できる単一のレポジトリ
  • データの更新履歴管理
  • レビューと承認プロセスのワークフロー
  • 法規や業界標準ルールに対応する書式変更管理
  • オプションや派生機種に対応する製品構成管理
  • 地域に分散するクライアントとデータベースの間での密連携と疎連携のモデル
  • モデル主導の共通オブジェクト、リレーションと振る舞いの定義、非コード修正
  • 知的財産の保全
 

Teamcenterの基盤を支える要素技術




 
  • ビジネスモデラー統合開発環境:コード化・非コード化の拡張に対応した、最先端の編集機能
  • サービス指向モデル:内部サーバモデルから独立した、粒度の粗い抽象化された情報モデルによる設計
  • データ移行とインポート:Excelインポート、バルク変換、サイト統合
  • カスタマイズの耐久性:拡張性、公開されたAPI,継続的なサポート提供

PLM 初期導入段階のアプリケーション


​PLM導入の第一段階として、多くのユーザ様は製品データとプロセスをコントロールすることから開始し、製品設計プロセス、ドキュメント、BOM管理での情報の管理と共有を行うことができます
アプリケーション 概要 導入効果
設計プロセス管理 機械、電気電子、ソフトウェア、解析結果を含む設計に関連する情報を単一の環境で管理し、組織を横断して共有することができます。
  • ソフトウェア間、ソフトウェアとハードウェア、ハードウェア間の相互依存の管理
  • ワイヤーハーネス設計、部品、オプション、派生品の管理シミュレーションの構成とデータの管理
  • シミュレーション構成の自動生成
  • メッシュ生成ジョブのバッチ処理
  • ジョブ投入のリモート管理、計算負荷分散
  • 軽量データを用いたモデルや結果の可視化
ドキュメント管理 製品構成に関連付けられたドキュメントやXMLコンテンツの作成、および関係部門との共有を、統合化されたPLM環境で行うことができます。
  • レビュー、承認の自動化
  • 組み込まれたMicrosoft Officeとの統合
  • PLMとドキュメント内容の属性変更
  • 2D/3Dのイラストやアニメーションの作成
  • グラフィック表示データの管理
  • 購買や生産の技術文書規格S1000Dに対応
  • DITA(Darwin Information Typing Architecture)技術文書生成仕様に対応
BOM管理 少数部品の管理から百万点以上の大規模数の部品を含む、多品種の製品構成全体を管理することができます。
  • 製品多様性の拡張
  • レビジョン管理
  • 組み合わせ構成や連続構成の管理
  • 複数ユニットの構成管理
  • 標準製品構成のサポート
  • BOMとERPおよび他エンタープライズシステムとの統合
プロジェクト実行管理 業務プロセスを自動化し、プロジェクトやプログラムの進捗管理を行うことができます。変更発生による影響を把握し、全体最適化をするための合理的なリソース配分を検討することが可能になります。
  • コスト-時間-獲得価値の管理
  • 製品ポートフォリオ管理
  • エクゼクティブダッシュボード表示と分析
  • プロセスと終了の履歴
  • ビジネス処理の自動化
  • 問題点の可視化
  • 統合化された変更プロセス管理

PLMの適用効果を拡大するアプリケーション


導入展開の次のステップとして、PLM適用の業務領域を拡大していきます。

アプリケーション 概要 導入効果
要件管理 製品に求められる要件、遵守すべき契約や規制の情報を一元化して共有し、製品開発プロセス全体にわたって成果物と要件との相互関係を把握することができます。
  • 要求仕様のバージョンと構成配分との関係を管理
  • 製品ライフサイクルにわたって、要求仕様とのつながりをたどることができる
  • 要求仕様や決定根拠を要約し文書化
  • 要求仕様文書やレポートの生成
サービスライフサイクル管理 製品の保守サービスに関するナレッジを集約し、故障履歴、保守要件、修理手順、業務指示、保守パーツカタログ、保守ドキュメントなどの情報を一元化し、関連業務全体を管理することができます。
  • サービス計画の作成
  • サービスの要求仕様の管理
  • サービスのスケジューリング
  • サービスの実行
  • 業界標準への対応
製造プロセス管理 製品、製造プロセス、製造資源および製造装置に関する情報を一元管理し、製品設計や製造設備などの変更発生の影響を把握しながら製造プロセスの最適化を検討することができます。
  • 部品表(BOM)と工程計画表(BOP:bill-f-process)との先進的な統合
  • 製造工程の変更、構成、ワークフローの管理
  • 製造の設備・資材・原料の管理、分類、最適化
  • 3D活用の対話操作、文書作成
  • 溶接データ管理
  • 工程のガントチャート、PERT図の作成
サプライヤ業務連携 サプライヤと部品購入企業との間で部品や材料の情報をダイレクトに共有し、Teamcenterを利用していないサプライヤともデータ変換を通じ効果的な情報交換を行い、さらにサプライヤと部品購入企業のエンジニアリング、購買、品質管理、製造の業務連携の実施を可能にします。
  • 情報提供、提案、見積もりの要求管理
  • インターネット購買交渉(リバース・ダッチ・オークション)の管理
  • オフラインでのサプライヤ業務連携をサポートする、使いやすいアプリケーション

ビジネスプロセスを変革するアプリケーション


PLMによりビジネスのレベルを高めることができます。変革を支援するソリューションを製品ライフサイクルに適用することで、ビジネス広範へ影響をもたらします。

アプリケーション 概要 導入効果
品質管理 グローバルな企業環境の中で、致命的な品質項目、不良や不適合を把握し、品質問題を解決するための素早い意思決定を支援します。
  • 問題の伝播や是正処置及び予防処置(CAPA:Corrective Action & Preventive Action )のデータに関する変更要求の管理
  • 製品データ、関連する問題と解決策を単一のPLMで管理
  • 問題解決についての知識集約
  • 8D(Eight Disciplines Problem Solving:問題解決八則)による問題対処法、およびISO規格をサポート
コスト管理 企業組織全体にわたる製品とツールに関わるコストを詳細に補足することが可能になります。
開発初期段階から製品出荷段階までのどの時点でも継続してコストを管理することができます。
  • サイクルタイムをまたがって、購入価格に基づく一貫したデータを会計評価指標(ROCE, NPV, IPRなど)に適用
  • 初期計画から製品寿命までのプロジェクト履歴の追跡
  • 仮定シナリオ問題(生産先や生産量の変更など)を柔軟に分析
  • 製品ライフサイクルのコスト分析(投資対効果の長期評価)
  • 柔軟なレポーティング機能(コスト推進要因の多段分析を含む)
  • 収益性分析
サステナビリティと環境コンプライアンス 製品の永続性を重視し、製品の部材や原材料の組成を理解しながら、環境への影響を考慮した設計を行う基盤の構築を支援します。
サプライチェインを源とする情報を含め、製品と製造プロセスでのコンプライアンスに関わる情報をすべて可視化することができます。
  • 欧州の化学品規制(REACH:Registration,Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals)、特定有害物資の使用制限(RoHS: Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical equipment),紛争鉱物(conflict minerals)の規定等級に対応する標準規制ルールの適用
  • 業界標準フォーマットIPC-1752(Materials Declaration Management)のサポート
  • 企業固有ルールおよび将来規制に対応するためのルールエディター
  • 商用材料データベース(IMDS, BOM Check)などの第3者提供情報のデータ交換をサポート
システムズ・エンジニアリング システムレベルの製品の振る舞いや機能的・論理的な仕様を作成し、それらを表現するモデルを用いて製品の性能が仕様を満たしているかどうかを確認することができます。
  • URLハイパーリンク経由での多数オブジェクトへのアクセス
  • システムやサブシステムの要求定義へのリンク、トレース
  • 公開システムとのインタフェースの定義や、公開情報の管理
  • MatLab/Simulinkモデリングとシミュレーションのサポート
  • LMSモデリングとシミュレーション、実験データのサポート

アクティブ ワークスペース クライアントの高い操作性

Teamcenterアクティブ ワークスペース クライアントを用いることで、ユーザは複数のシステムやコンピューティングデバイスを横断して整理された直感的な操作でPLMを利用することができ、より優れた意思決定を迅速に行うことができます。

  • インテリジェント図解のビジュアルなナビゲートでロジカルグループから結果を検索
  • 複数の外部システムに保存されている関連データに簡単にアクセス
  • 役割やタスクに基づく関連情報についての、コンテキストを意識した表示
  • ビジュアルなナビゲートでデータの構造や関係を理解
 
           


ビジュアリゼーションとモビリティ

Teamcenterは、広範なビジュアリゼーションにより、製品ライフサイクルに関わるすべての人が3Dによる円滑なコミュニケーションを可能にします。さらに、無料提供のアプリとして提供されるTeamcenterモビリティにより、モバイルデバイスを通じていつでもどこからでもPLMへアクセスすることを可能にします。

  • 3Dモデルの寸法計測、断面表示、製造属性情報共有
  • JTの無料ビューアーを用いた、モバイルデバイスのタッチ操作による直感的なユーザ体験
  • セキュアーな環境でのリアルタイムの情報共有
  • ビジュアル情報をコンテクストに組み込み、Teamcenterで問題レポート文書として管理
 
 

エンタープライズソリューションとの連携

Teamcenter Gateway platformにより、市販ERPシステムや同等なエンタープライズシステムとTeamcenterとの統合化テンプレートを利用して、システム連携を行うことが可能です。サードーパーティーが提供するERP連携のテンプレートとの組み合わせ利用や、レガシーシステムとTeamcenterとの統合にも利用することができます。
 

Teamcenter Gatewayにより双方向のデータ連携が可能なERPシステム

  • SAP Business Suite
  • Oracle E-Business Suite​
  • さらに、SAP Business Suiteとのデータ連携のアーキテクチャーを活用して、
  • 他のエンタープライズ アプリケーションとの双方向データ連携の環境を構築することも可能です。

Teamcenter on the Cloud

Teamcenterは、サードパーティのクラウド基盤サービスモデル(Iaas)の環境に展開して利用することができます。
Teamcenterがサポートするオンプレミス、クラウド、およびオンプレミスとクラウドの複合のすべての構成の中から、ユーザは利用環境を選択することができます。
ISIDはAmazon Web Servicesの認定プロバーダーとして、AWS上でTeamcenterクラウド利用環境の構築サービスを提供します。

すべてクラウド




 

マルチゾーンのクラウド




 

クラウドとオンプレミスのハイブリッド




 

ファイル管理システムのみクラウド





 

ISIDが提供するPLM導入展開の支援サービス

ISIDは、製造業企業の皆様のエンジニアリング業務をサポートする、広範なサービスを提供しています。
(関連ページ:ISIDサポートサービス)

ISIDが提供するTeamcenter導入展開サービスは、お客様のPLM活用段階に対応し、個別のご要望に対応できるよう、柔軟なサービスメニューで構成されています。

 

ISIDのソフトウエア開発標準 i*yes

ISIDはソフトウェア開発プロセスの標準化および最適化に取組み、長年にわたり培ってきたソフトウェア開発技術とプロジェクト管理の手順やツール・手法の知的資産を集約し、CMMIに準拠したソフトウェア開発プロセス“i*yes”(アイズ)を開発し、制度化しています。 Teamcenterを用いたPLM環境構築のプロジェクトにおいても、標準化された管理プロセスと開発プロセスにより、i*yesに基づく高い水準でのソフトウェア開発の品質管理が行われています。

 

Teamcenterクイックスタート

製品構成管理、CADデータ管理、設計ワークフロー、デザインレビュー、設計文書管理を主体としたPLM環境を構築します。
基本テンプレートを基に、お客様の組織構成に合わせ最適な業務プロセスを組み込み、短期間での稼動開始を実現します。

 

アプリケーション別導入展開

複数技術領域の開発プロセス統合、解析プロセス管理、設計製造連携、サプライヤー業務連携など、複数のアプリケーションの組み合わせによる、より広域なPLM環境の構築を支援します。ビジネス目標の達成に貢献する新しい業務プロセスを設計し、Teamcenter活用効果を最大化するシステムを効率良く開発し、業務定着までの立ち上げサポートを提供します。

 

PLMグランドデザイン

ISIDは、お客様のビジネス変革の推進を担うPLM環境を構築するための、包括的なサービスを提供します。お客様の事業戦略を遂行する業務モデルを明確にし、新たなプロセスでの組織や企業を横断した活動をサポートするPLM環境の構築を、ISIDは強力に支援します。

 
   

関連ページ

資料請求はこちら