Mold Planner 金型設計支援

TOP > 製品・サービス > Mold Planner 金型設計支援

Mold Planner 金型設計支援

 
 

 



 

金型設計の課題

製品の成形加工プロセスで用いる金型の設計では、複雑な製品形状に対応し、機能・品質・コストの要求条件を満たす量産を可能にするために、高い技術力が求められています。
一方で、従来の二次元図面での設計に代わり製品設計の三次元化が進み、金型設計や金型部品加工に三次元製品モデルが直接利用できようになってきました。
優れた金型を短期間で設計するためには、これまでの経験から得られた知見を形式知として活用すること、さらに金型モデル作成にて三次元CADを効果的に利用することが重要な課題となっています。
 

NXアドオンの金型設計支援ツール

Mold Plannerは統合化CAD/CAM/CAE NXのアドオン環境で稼動する、ISIDが開発した金型設計支援ツールです。30年にわたる製造業企業のお客様のサポートで培った技術を基に、金型設計業務に役に立つ機能をISIDがMold Plannerに搭載してきました。
 

 


 
 
 

 

 

 

 
 

金型構想設計支援

金型設計初期段階での製品/型構造の評価、エジェクタおよび冷却のレイアウトなど、金型構想検討段階に必要な機能群が用意されています。
  • 製品の離型抵抗、熱溜りの可視化及び、エジェクタピンや冷却回路の効果の確認
  • エジェクタピン、冷却タンクの2Dレイアウトからの、最適寸法の3D形状自動作成
  • 一筆書きなど、直感的な操作での冷却回路形状作成

など、構想設計を支援する各種機能が含まれています。
 
 

型割り支援

型構造検討のための製品分析からキャビティ/コア/スライド分割までの一連の設計作業を支援する機能群が用意されています。
  • 製品の抜き勾配漏れ、気づき難いアンダーカット箇所などの検出
  • パーティングエッジ基準、抜き勾配基準など複数のアプローチでのパーティング設計
  • キャビ/コア/スライド/カスタム領域による一括型割り
  • 任意形状の入れ子へのツバ付け、逃がし穴形状の作成

など、型割り、製品部の型構造の設計に必要な機能を網羅しています。
 

金型構造設計支援

金型構成部品やユニット(複数の部品が連携する部品群)を配置し、部品表を出力するまでの機能群です。
  • ユーザの設計意図を盛り込んだユニットの登録/配置/編集
  • エジェクタピン、冷却回路の3D形状から、適合するメーカ、型番の部品を自動検索し配置
  • 部品形状に連携したポケット形状作成

など、金型構造設計に必要な各種機能を網羅しています。
 
 

図面化支援

3D形状からの図面、帳票作成を支援する機能群です。
  • カスタム図面枠の作成 及び表題欄の自動記入
  • プレート穴明け情報の一覧表出力(図面、EXCEL)
  • エジェクタピン穴等のシンボルへの一括変換

など、図面作成に必要な各種機能を用意しています。
 
 

電極設計支援

金型形状から電極必要箇所を検出し、電極形状に揺動代/放電ギャップを付加する機能など、電極の作成から使用までを支援する機能群です。

  • 電極への円、角、球揺動の自動付加と形状チェック
  • 荒・中・仕上げ電極の一括作成等の電極設計
  • EPXフォーマット(※)出力に準拠した電極位置情報出力に対応


など、電極の作成に必要な機能を網羅しています。
 

EPXフォーマットとは、東日本金型工業会が制定した「電極加工位置情報出力標準フォーマット」です。
 
 


 

 

事例1/自動車部品メーカー

 

課題

・金型3D形状作成および従来どおりの図面作成による設計工数の増大
 

施策と効果

 

 

 

事例2/精密金型メーカー

課題

・金型3D形状作成および従来どおりの図面作成による設計工数の増大
 

施策と効果



 

事例3/自動車用ダイカスト部品メーカー

課題

・お得意先からの短納期・コストダウン要望
 

施策と効果



 

事例4/小物多数個取り金型メーカー

課題

・金型メーカーのため、製品の標準化ならびに生産要件を盛り込んだモデル作成が出来ない

  • 高品質、短納期製作など多様化するお客様ニーズへの迅速な対応
  • 金型設計技術の高度化・設計ノウハウの伝承
 

施策と効果



 

事例5/自動車プラスチック部品用金型メーカー

課題

・データが設計とCAM間で行き戻りが有り作業効率悪い

  • 確認不足、確認モレによるトラブルが頻発
 

施策と効果

 
 

 

資料請求はこちら