Teamcenter Visualization デジタルモックアップツール

TOP > 製品・サービス > Teamcenter Visualization デジタルモックアップツール

Teamcenter Visualization デジタルモックアップツール

 
 

製品設計の現場に3次元CADが普及するにつれ、そこで生み出される製品設計データを如何に有効活用するかが重要な課題になっています。
3次元データ活用のすそ野を広げる、より利用者を増やすことは、3次元システムへの投資対効果を大きくします。
これを実現するためには実際問題として、日々更新される3次元データを、製品設計部署のCADルームから、開発プロセス全ての関係者がアクセスできる環境、CADが無い環境へも展開できる仕組みが必要です。
 

  • CADの大規模データを軽くし高いレスポンスで見る仕組み
  • CADを使用せずに、より簡単な操作で3次元データを見る仕組み
  • 必要な3次元データを最新の状態で正確に見る仕組み
  • 3次元データを詳細に確認・評価・検討できる仕組み
  • 製品設計情報、検討結果をメンバーで共有できる仕組み
 

Teamcenter Visualization Standard

Teamcenter Visualization Standardは 図面と3次元形状、CADの属性の確認を目的とした機能を提供します。3次元ビューワの機能(表示、計測、断面、注記)を網羅しています。
 

・ 2次元表示機能
   - 2次元計測機能
   - 2次元注記作成機能
   - 2次元位置揃え
   - 2次元比較機能

・ 3次元表示機能
   - 3次元ナビゲーション
   - 3次元注記確認機能
   - 3次元構成ビュー

・ 3次元検証機能
   - 断面
   - 3次元計測機能
   - 3次元注記作成機能

・ イメージキャプチャ機能

・ スナップショット機能

・ カンファレンス機能

Teamcenter Visualization Professional

Standardの機能に加え、3次元データを元に設計検証をする機能を提供します。
3次元データを用いた検証やコミュニケーション&コラボレーションを効率的に行うことができます。
 

・ Standard機能

・ 次元表示機能
   - 座標系の設定
   - 部品移動
   - アニメーションの再生
   - モーションデータの再生
   - CAE結果表示

・ 3次元検証機能
   - 複数断面
   - 3次元形状比較

・ イラスト作成機能
   - 分解図作成機能
   - バルーン(コールアウト)作成機能
   - 陰線処理

・ 3次元拡張機能
   - JT、VRML出力

 

Teamcenter Visualization Mockup

デジタルモックアップ、組み立て性、分解性の検証等を目的とした機能を提供します。
グループ化機能、干渉(隙)チェック機能、アニメーション機能(オプション)等を用いることで、より効果的なデジタルモックアップ作業を行うことができます。
 

・ Professional機能

・ 3次元検証機能
   - 干渉(隙)チェック機能

・ 3次元拡張機能
   - フィルタ機能
   - グループ化機能
   - 録画機能
   - 3次元位置合わせ機能
   - アニメーション作成機能(オプション)

 

Teamcenter Visualization 拡張モジュール

Teamcenter Visualizationは3次元データをより広い用途に活用するため、以下の拡張モジュールを用意しています。
 

Animation Creation/アニメーション作成

 

3次元データを活用してアニメーションを作成するためのモジュールです。アニメーションによる組立指示書、メンテナンスマニュアルの作成を行うことができます。

Path Planning/フィッティング、パス解析

 

部品を組み付ける際に干渉を回避する経路を自動的に探索します。
また部品の移動した軌跡を3次元モデル化(ボリューム化)することができます。
組立の簡易シミュレーション、部品の稼動範囲の検討などに活用できます。

Publish/ドキュメント作成

 

3次元データを活用して技術文書を作成するためのモジュールです。3次元データとMS-Visioを連携させることができ、設計変更をすばやく技術文書に反映することができます。また、HTMLの出力に対応していますのでWebを活用した情報共有も可能です。

Concept Desktop/フォトリアルレンダリング

 

3次元データにテクスチャを貼ったり、光源を設定することで、質感を調整しCADモデルをよりリアルに見せるためのモジュールです。
製品の見映えを検討したり、3次元データを活用したプレゼンテーションを実施することができます。

VisVSA/三次元公差解析

 

3次元データに公差定義を行い、アセンブリ時の公差に起因する「バラツキ」を事前に検証します。バラツキ状況を3次元上で確認し、バラツキ幅、不良率、またバラツキの原因となる部位を寄与率としてグラフ表示します。 詳細はこちら

License Borrow/ライセンス持ち出し

 

 

フローティングライセンスをライセンスサーバから一定期間持ち出すことができるオプションです。
ノートPCにライセンスを持ち出すことで、ネットワーク環境がない場所でのデザインレビュー、社外での打ち合わせやプレゼンテーションでもTeamcenter Visualizationを活用することができます。

資料請求はこちら