MSC Nastran Desktop 複合領域解析

TOP > 製品・サービス > MSC Nastran Desktop 複合領域解析

MSC Nastran Desktop 複合領域解析

複合領域解析機能をニーズに合わせて柔軟に構成して提供

MSC Nastran Desktopは、複合領域解析ソルバーMSC NastranやAdamsとプリポストのSimXpertを組み合わせた、プリ・ポスト/ソルバー一体型のシミュレーションソフトウェアです。2ターゲットまで指定できるノードロックライセンスに限定する事で、低価格を実現しました。更にお客様の複合領域解析のニーズに合わせ、より柔軟に製品構成をお 選び頂ける製品となっております。MSC Nastran Desktopは、解析専任者はもちろん、解析をこれから始められる設計者の方まで、高精度の複合領域解析環境を提供いたします。
 
 
MSC Nastran Desktopはモデリング、解法、プリポスト処理から結果の取り扱いまで、解析の全プロセスに対応し、業務効率化を支援する下記のような機能を実装しています。

 

日本語GUI、複合領域の解析に対応した、使いやすいプリポスト

日本語対応とユーザーフレンドリーなGUIが、使いやすい解析環境を提供

MSC Nastran Desktopは構造、機構、伝熱、衝突などの複数領域の解析に対しても、1つのプリポストで対応することが出来ます。また日本語対応のGUI、リボンス タイルのメニュー構成、メニュー上のアイコンに関する説明文がポップアップ表示される機能など、解析初心者にも使いやすいインターフェースを実装しています。
 

 

 

複合領域解析に対応

信頼性の高いソルバーを使用し、より実現象に近い高度な性能予測を実現


MSC Nastran Desktopでは、共通のモデルデータを用いて、構造、機構、伝熱、衝突など、複数領域の解析を行うことが可能です。解析専任者はワークスペースの切り替えを行うだけで、1つのデスクトップ環境から領域を跨いだ解析を行うことが可能となります。


また、機構-構造や、熱-構造などの連成解析を行うことが出来るので、より実現象に近い解析を行うことが可能となります。各領域の解析には、信頼性において実績のあるMSC Nastranソルバー、Adamsソルバー等を利用し、精度の高い性能予測を実現します。

 
 

CADダイレクトアクセス機能

CADデータ変換にかかる工数や人的ミスを削減

MSC Nastran Desktopは、ネイティブCADアクセスの機能により、CADデータを変換することなく、直接各ワークスペース(作業領域)に取り込むことが可能です。 CADデータ変換時のトラブルを減らし、設計者とのデータ授受の効率化により、開発プロセスおける設計案検討の効率化を支援します。


また取り込んだCADデータに対して、解析担当者が形状パラメーターの変更を行い、CAD形状を変更することができます。形状変更後も、スマートアップデート機能により、モデルに適用されていた境界条件や質量特性なども自動的に更新されるため、解析担当者は余計な工数を増やすことなく、初期の設計案検討をすることが出来ます。


また、MSC Nastran Desktopから、形状を変更した状態のCADデータを出力することが可能です。


※ネイティブCADアクセス機能 / データ変換機能 対応状況についての詳細は、こちら(PDF)をご参照ください。

   

テンプレート機能

専任者の解析手法の共有や、繰り返し作業の工数削減をサポート

MSC Nastran Desktopのテンプレート機能は、ユーザーのオペレーションをそのまま記録し、 マクロとして自動実行させることが可能です。また、テンプレートの新規作成や、記録したオペレーションを編集することも出来ます。編集画面では、自動実行 /半自動実行の設定、材料特性など入力項目の選択肢を追加することも可能です。この機能によって解析手法の標準化や反復作業の工数削減を支援します。
MSC Nastran Desktopのパッケージ構成と、解析機能は以下の通りです。

 

パッケージ

ソルバー パッケージ名
Structures Structures
&Motion
Advanced
Dynamics
Advanced
Structures
Advanced
Explicit
Advanced
Structures
& Motion
解析機能 線形静解析
実固有値解析
線形座屈解析
コネクター
線形接触
Adamsとの連携
動解析
SMP(パラレル処理)
スーパーエレメント機能
内部音響解析
陰解法非線形解析
伝熱解析
アドバンスト熱解析
熱-構造連成解析
陽解法非線形解析
落下テスト
機構解析
プリ・ポストプロセッサ
形状編集 SimXpert Geometry Modeling ※1
SimXpert Geometry Translators ※2
ワーク
スペース
SimXpert ストラクチャワークスペース
SimXpert エクスプリシット/クラッシュワークスペース
SimXpert モーションワークスペース
SimXpert プロセスオートメーション (テンプレートビルダ) ※3



パッケージ標準構成
オプション


※1 [SimXpert Geometry Modelingについて]
Palasolidデータの読み込み、形状編集に必要となるモジュールです。

※2 [SimXpert Geometry Translatorsについて]
IGES, STEP & SAT/ACISデータをPalasolidに変換することで、SimXpertに読込むことが可能となります。

※3 [SimXpert プロセスオートメーションについて]
SimXpertプロセスオートメーションでは、解析手順をテンプレートとして記録することが可能です。記録したテンプレートの編集、テンプレートの新規作成や自動実行、半自動実行などの詳細な設定を、ドラッグアンドドロップの簡単な操作で行うことが出来ます。
資料請求はこちら