MSC SimXpert 複合領域解析

TOP > 製品・サービス > MSC SimXpert 複合領域解析

MSC SimXpert 複合領域解析

解析プロセスを劇的に改善し、革新的な製品開発を支援

SimXpertは、複合領域に対応したシミュレーションソフトウェアです。革新的なCAEソリューションであるSimXpertは、シミュレーション実行のスピード、精度、および設計生産性を向上させ、より良い製品の早期市場投入を可能にします。

ユーザーは、SimXpertを使用して、モデリング、解法、プリポスト処理から結果の取り扱い、レポート作成までの全てのプロセスを1つのシミュレーション環境で完結することが出来ます。
SimXpertは、信頼性が高く実績のあるMSC Nastran、Adams、LS-DYNA等のソルバーを使用した機構、構造、熱、衝突に渡る複数の解析環境を提供します。また各領域を跨いだ「熱‐構 造解析」、「機構‐構造弾性体解析」、「連鎖解析」等を行うことも可能です。
 

 
 

SimXpertはモデリング、解法、プリポスト処理から結果の取り扱いまで、解析の全プロセスに対応し、業務効率化を支援する下記のような機能を実装しています。

 

日本語GUI、複合領域の解析に対応した、使いやすいプリポスト

日本語対応とユーザーフレンドリーなGUIが、使いやすい解析環境を提供


SimXpertは構造、機構、伝熱、衝突などの複数領域の解析に対しても、1つのプリポストで対応することが出来ます。また日本語対応のGUI、リボン スタイルのメニュー構成、メニュー上のアイコンに関する説明文がポップアップ表示される機能など、解析初心者にも使いやすいインターフェースを実装してい ます。
 
 
 

複合領域解析に対応

信頼性の高いソルバーを使用し、より実現象に近い高度な性能予測を実現

 

SimXpertでは、共通のモデルデータを用いて、構造、機構、伝熱、衝突など、複数領域の解析を行うことが可能です。解析専任者はワークスペースの切り替えを行うだけで、1つのデスクトップ環境から領域を跨いだ解析を行うことが可能となります。


また、機構-構造や、熱-構造などの連成解析を行うことが出来るので、より実現象に近い解析を行うことが可能となります。各領域の解析には、信頼性において実績のあるMSC Nastranソルバー、Adamsソルバー等を利用し、精度の高い性能予測を実現します。


 
 

CADダイレクトアクセス機能

CADデータ変換にかかる工数や人的ミスを削減

 

SimXpertは、ネイティブCADアクセスの機能により、CADデータを変換することなく、直接各ワークスペース (作業領域)に取り込むことが可能です。 CADデータ変換時のトラブルを減らし、設計者とのデータ授受の効率化により、開発プロセスにおける設計案検討の効率化を支援します。


また取り込んだCADデータに対して、解析担当者が形状パラメーターの変更を行い、CAD形状を変更することができま す。形状変更後も、スマートアップデート機能により、モデルに適用されていた境界条件や質量特性なども自動的に更新されるため、解析担当者は余計な工数を増やすことなく、初期の設計案検討をすることが出来ます。


また、SimXpertから、形状を変更した状態のCADデータを出力することが可能です。


ネイティブCADアクセス機能 / データ変換機能 対応状況についての詳細は、こちら(PDF)をご参照ください。

 

テンプレート機能

専任者の解析手法の共有や、繰り返し作業の工数削減をサポート


SimXpertのテンプレート機能は、ユーザーのオペレーションをそのまま記録し、 マクロとして自動実行させることが可能です。また、テンプレートの新規作成や、記録したオペレーションを編集することも出来ます。編集画面では、自動実行 /半自動実行の設定、材料特性など入力項目の選択肢を追加することも可能です。この機能によって解析手法の標準化や反復作業の工数削減を支援します。

ワークスペースとは

SimXpertでは、共通のモデルデータを利用して、機構解析や、構造解析、伝熱解析など、それぞれの領域で解析を実行します。
各解析領域の作業環境はワークスペースと呼ばれ、共通のGUIに加え、それぞれの解析に特化した機能を提供します。 
  • 線形/非線形静解析
  • 接触解析
  • 線形/非線形過渡解析
  • 固有モード/複素固有値解析
  • 周波数応答/過渡応答解析
  • 陰解法非線形解析 (SOL600)
  • アドバンスト非線形解析(SOL400)

 
ストラクチャワークスペース

 

プリポストの機能として、構造解析に必要なモデリング要素の作成、各種境界条件や材料特性の入力、解析結果のコンター表示やアニメーション再生が可能で す。ソルバーにはMSC Nastranを使用しており、線形・非線形の有限要素解析(静解析、動解析)など、以下の解析を行うことが可能です。(陽解法を除く)

 

 
  • プリミティブ形状の作成
  • 拘束条件の付与
  • 弾性体のモデリング
  • ダイナミクス解析
  • 静的/準静的解析
  • 剛体接触、弾性体―弾性体接触
  • ジョイント摩擦、接触摩擦
  • ストラクチャワークスペースとの連携

 
ストラクチャワークスペース

 

プリポストの機能として、機構解析に必要なモデリング機能や、XYプロットの作成、アニメーション再生に加え、プロットとアニメーションの同期再生も可能 です。また、ソルバーにAdamsを使用し、剛体として定義したシステムレベルのモデル挙動や荷重予測などを行うことが可能です。


 

 
  • 伝熱解析
  • 定常/非定常伝熱解析
  • 線形/非線形
  • 熱伝導
  • 自由/強制対流
  • 空間輻射
  • 閉空間輻射
  • 熱接触

 
サーマルワークスペース

 

プリポストでは、ストラクチャワークスペースと共通の形状やメッシュを利用可能です。また、サーマルワークスペース固有の機能として熱流速や温度勾配プロットなどを作成することができます。ソルバーにMSC Nastranを使用し、以下の解析を行うことが可能です。
 

 
 
  • 陽解法非線形解析
  • 衝突、落下試験、衝撃解析

 
エクスプリシット/クラッシュワークスペース

 

プリポストでは、ストラクチャワークスペースと共通の形状やメッシュを利用可能です。ソルバーにLS-DYNA、MSC Nastran SOL700を使用し、衝突、落下試験、衝撃の解析を行うことが可能です。
 

 
 
  • システムダイナミクス・制御モデリング
  • モーションワークスペースとの連携
  • 定常状態解析
  • 線形解析
  • Simulink®との連携

 
システム/コントロールワークスペース

 

図式に基づいて油圧、空気圧、機構、伝熱、電気、およびデジタルサブシステムを含む動的システムをモデル化したシミュレーションを行うことが可能です。




 

 
テンプレートビルダ

 

SimXpertでは、解析手順をテンプレートとして記録することが可能です。テンプレートビルダでは、記録したテンプレートの編集、テンプレートの新規 作成や自動実行、半自動実行などの詳細な設定を、ドラッグアンドドロップの簡単な操作で行うことが出来ます。また、各ワークスペースのGUIに配置された 各ボタンに割り付けられている機能の殆どをカバーしています。加えてオープンソースのプログラミング言語であるPythonを用いたより高度なカスタマイ ズにも対応しています。
 

 
資料請求はこちら