Autodesk Moldflow Adviser 設計者向け流動解析

TOP > 製品・サービス > Autodesk Moldflow Adviser 設計者向け流動解析

Autodesk Moldflow Adviser 設計者向け流動解析

 


近年のプラスチック部品に対する薄肉化・軽量化・一体化への要求によって成形加工の難易度が高まり、従来の経験に基づく成形不良の予測がますます困難になっています。 一方、成形加工上の問題は、下流工程での試作成形ではじめて明らかになります。


Autodesk Moldflow Adviserは、設計者による射出成形シミュレーションによって製品開発工程を飛躍的に効率化させることを目的とし、生産過程で発生する問題点を予測で きる業界標準ソフトウェアで、世界市場シェアは90%に迫ります。


熱可塑性樹脂の射出成形における樹脂充填挙動の予測により

  • 充填不良
  • ウェルドライン
  • エアトラップなど

の成形不良の予測が可能となり、さらには充填挙動から予測される反りや冷却不良箇所などの問題をも設計者が発見できます。


直感的でわかりやすい操作、解析結果の評価方法を支援する機能により、成形加工に関する深い知識がなくとも簡単に射出成形のシミュレーションを行い、解析結果に基づく設計を行うことができます。


これらの機能を持つAutodesk Moldflow Adviserを製品開発工程に組み込むことによって、製品開発における大幅な期間短縮、コスト低減が実現可能になります。
 

 

 

関連するものづくりソリューション

 

その他、オートデスク製品・サービスはこちら

 
Autodesk Moldflow Adviser Standard ~ 製品設計者による射出成形CAE ~
樹脂の充填過程における挙動を予測します。製品形状/肉厚/ゲート位置/使用樹脂といった、製品設計段階で検討できるパラメータのみを入力するだけで、樹脂の充填挙動を評価し設計に反映させることができます。
 

 
Autodesk Moldflow Adviser Premium ~ 金型設計者による射出成形CAE ~
樹脂の充填過程における挙動を予測します。 Autodesk Moldflow Adviser Standardの持つ機能に加えて、ゲート・ランナー部での樹脂挙動も考慮可能です。ゲート仕様やランナーレイアウト、製品取り数などの検討に活用でき ます。
また、厚肉製品の解析に適している3D解析テクノロジーを用いて、厚肉部内における樹脂の流れや温度変化を精度よく計算できます。
 
 

 
Autodesk Moldflow Adviser Ultimate
~ 製品設計者・金型設計者による反りの予測 ~
Autodesk Moldflow Adviser Standard、Autodesk Moldflow Adviser Premiumの機能をすべて含み、さらに冷却解析、反り解析の機能を持ちます。設計者自身でも実行可能な使い勝手で冷却やそりの影響を予測する事ができます。
 

冷却性の評価

金型冷却回路の冷却能力を予測します。金型の冷却回路配置に基づき、キャビティ表面の温度を計算します。
冷却回路の配置やサイクルタイムの概算に活用できます。冷却回路の自動配置機能も有しています。
 

保圧・反り挙動の予測

保圧過程における樹脂挙動の予測、および離型後の反り変形を予測します。様々な要因の組み合わせによって発生する反り変形に対し、反りの原因分析を行う機能によって、修正すべきパラメータを即座に見つけることができます。
 
 
解析専任者向けはこちら

 

その他、オートデスク製品・サービスはこちら

Autodesk Moldflow Adviserを用いた解析事例をご紹介します。
 
 
 

解析適用例 ~ハンドドリル~

ランナーレイアウトを検討

 
 
<案1>  流動バランスが悪く、スプル位置をやや上側に移動した“案2”の評価へ。

<案2>  “案1”より改善したが、さらなる流動バランス向上を目指し、案3の評価へ。

<案3>  案2のランナーレイアウトに、右ゲート側ランナー径を8mm→5mmに修正した設計案を評価。
     流動バランスは向上し、圧力の不均一が緩和され、成形圧力が低減された。
     なおかつランナー体積が低減されたため、樹脂使用量も低減することができた。
 

 

流動バランス 成形圧力 ランナー使用量
案1 悪い 56MPa
案2 案1からやや改善 51MPa 初期案と変わらず
案3 案2よりさらに改善 48MPa 初期案から低減
 

案1

 
 

案2

 
 

案3

 
 

ランナーレイアウトを“案3”に決定

  • 流動バランスが達成されたことにより、応力が低減され、反り、クラックなどの問題が発生しにくい設計案を決定できた。
  • ランナー部分での樹脂使用量を低減できた。成形品の生産数やサイズによっては、非常に大きなコスト効果が得られる。
     
 

 

その他、オートデスク製品・サービスはこちら

資料請求はこちら