ASFALIS TransServer 3D CADデータ変換自動化システム

TOP > 製品・サービス > ASFALIS TransServer 3D CADデータ変換自動化システム

ASFALIS TransServer 3D CADデータ変換自動化システム


 

CAD環境が異なる社内外拠点間での3D製品設計データ活用を促進

製造業企業では、3D製品設計データを幅広く活用し、解析、生産準備、製造、保守などの多くの部門で、業務の品質と作業効率を高めることが重要な課題になっています。さらに、グローバル環境での開発と製造の拠点間連携、調達先企業との協調開発、企業合併などのビジネス環境変化に伴い、3D製品設計データを活用できる範囲が拡大していきます。CADの利用環境が異なる多拠点間で3D製品設計データを活用するためには、データを適切なフォーマットに双方向で変換し効率良く共有する仕組みが求められます。
ASFALIS TransServerは、ISIDと株式会社エリジオン(Elysium)の共同開発による、WEBベースの3D CADデータ変換と配信の自動化システムです。3D製品設計データの活用について多くの製造業企業をサポートしてきたISIDに蓄積された業務ノウハウと、Elysiumの3Dデータ変換の高度な技術が組み込まれたASFALIS TransServerは、企業内部門間および取引先企業間での円滑な3D製品設計データの流通と活用を強力に支援します。
 

 
 

多機種CADデータ変換の容易な操作

ASFALIS TransServeにつながるネットワーク環境にある端末であれば、WEBブラウザを通じて多機種CADデータ変換の入出力を国内のどこからでも行うことができます。ASFALISコンポーネントの高度な形状処理機能を用い、各種CAD間のデータ構造や精度の差異を補完し、高精度の変換を行います。IGESやSTEPのフォーマットでは変換できない複雑なデータも、高い成功率で変換することができます。
 
ASFALIS TransServer

 

属性情報の変換

ユーザ定義のテンプレートを組み込むことで、3D形状データ以外の豊富な属性情報を変換対象に含むことができます。加工製造に関わる指示、取扱いや操作の注意事項など、3D製品設計データの活用範囲を広げる情報を付加することが可能です。変換配信の際に、関連する図面や帳票などの複数ファイルを形状データに紐付けて管理することができます。
 


 

形状最適化プロセスの自動化

解析モデリングのための形状簡略化、設計変更箇所を把握するための形状比較など、形状最適化のプロセスをCADデータ変換シナリオに組み込み、一連の処理を自動化することができます。
 
 



 
形状品質確認:JAMA基準判定   形状簡略化:閾値以下の穴を削除  属性変換:部品名の変更 
 


アセンブリ構成の変更:組付けボルトの一括削除



形状変更箇所の可視化
 

システム連携が容易なインターフェース

ファイルサーバーのフォルダー監視機能や外部連携APIを用いて、外部システムと連動したデータ変換配信の自動化プロセスを構築することができます。


 

 

ASFALISコンポーネント
 

 

ASFALISアダプター

ASFALISアダプターは、各種CAD形式のファイルを読込みENF(Elysium Neutral File)に変換し、さらにENFを各種CADのファイルやカーネル形式のファイルに変換する、ASFALISの基本コンポーネントです。ASFALISアダプタは、CADデータ読込みとCADデータ書出しの機能に対応し、別々の製品が提供されます。CADに組込のタイプの製品は、CADデータの読込みと書出しの実行の際に、対応するCADのライセンスを使用します。
 
 
製品機能 対応CADデータ タイプ 3D注記変換 属性変換
CADデータ読込み CATIA V5 CADに組込 標準機能 標準機能
NX CADに組込 標準機能 標準機能
Pro/ENGINEER CADに組込 - 標準機能
NX I-deas CADに組込 標準機能 標準機能
SolidWorks CADに組込 - 標準機能
Creo Elements/Direct CADに組込 - -
Autodesk Inventor CADに組込 - 標準機能
Mechanical Desktop CADに組込 - 標準機能
CATIA V4 独立 - -
CATIA V5 独立 - -
NX 独立 - -
Pro/ENGINEER 独立 - -
CADmeister 独立 標準機能 標準機能
iCAD 独立 - -
Parasolid 独立 - -
ACIS 独立 - -
JT 独立 標準機能 標準機能
PLM XML 独立 - 標準機能
STEP 独立 - 標準機能
IGES 独立 - -
CADデータ書出し CATIA V5 CADに組込 オプション オプション
NX CADに組込 オプション オプション
Pro/ENGINEER CADに組込 - オプション
NX I-deas CADに組込 オプション オプション
SolidWorks CADに組込 - オプション
Creo Elements/Direct CADに組込 - -
Autodesk Inventor CADに組込 - オプション
Mechanical Desktop CADに組込 - オプション
CATIA V4 独立 - -
CATIA V5 独立 - -
CADmeister 独立 オプション オプション
iCAD 独立 - -
Parasolid 独立 - -
ACIS 独立 - -
JT 独立 オプション オプション
PLM XML 独立 - オプション
STEP 独立 - -
IGES 独立 - -
STL 独立 - -
XVL 独立 - -
 

ASFALISオプティマイザー

ASFALISオプティマイザーは、CADデータ読取り後、ENFに変換されたデータを編集し、最適化モデルを自動作成する機能を提供します。

 
製品
機能
PDQチェッカー CADデータ品質(PDQ)項目の閾値判定を実施します
SASIG、およびJAMA/JAPIAのPDQガイドラインに準拠しています
形状簡略化 解析や金型設計のための簡略化モデル作成機能です
フィレット、ボスなどの詳細形状のフィーチャーの抽出、除去により、平滑な面を作成します
干渉チェッカー アセンブルモデルの部品間の干渉を検出します
干渉部品のリスト、干渉部位の体積、食い込み深さの情報を外部ファイル出力します
形状比較 設計変更やアセンブリ編集などの修正前後の2つのデータを比較し、形状やアセンブリ構成の差異を検出します
ポリゴン最適化 ポリゴンデータの形状品質の閾値判定と自動形状修正を行います
ENF Editor CADデータを読取りENFに書出された各種情報を、属性、色、レイヤー等でグループ化し、変更することができます
 

ASFALIS ビューワ

ASFALISビューワは、ENFの閲覧、表示、編集の対話操作の機能を提供します。
 
製品 機能
Model Viewer ENFに書きこまれたアセンブル、形状、3D注記、属性などの情報の閲覧、表示を行います
形状比較やPDQ検証の結果を閲覧することも可能です
Model Viewer
編集オプション
Model Viewerを用いて、ENFに書きこまれたアセンブリ構成、形状、3D注記、属性などの情報編集の対話操作を可能にします
Model Viewer
2Dオプション
Model Viewerを用いて、ENFから任意ビューの2DイラストをDXF形式で出力することが可能です


 

推奨環境

 

ASFALIS TransServer インストールサーバー

 
OS Microsoft Windows Server 2008 R2 RTM(SP0)/SP1 64bit
Microsoft Windows Server 2012 RTM
ネットワーク 1Gbp以上での接続を推奨

同時接続ユーザ数3以下の場合:
CPU Xeon 35xx,55xx系プロセッサー 3GHz 4コア同等以上 
メモリ 4GB以上

同時接続ユーザ数4~10の場合:
CPU Xeon 35xx,55xx系プロセッサー 3GHz 8コア同等以上 
メモリ 8GB以上
 

クライアント

ネットワーク 100Mbps以上での接続を推奨
CPU 8GB以上
メモリ 1GB以上
ブラウザ Internet Explorer 8, 9, 11
その他 Adobe Flash Player: 9.0.28 以上

 

必須環境

 

ASFALIS TransServer インストールサーバー

 
OS Microsoft Windows Server 2008 R2 RTM(SP0)/SP1 64bit
Microsoft Windows Server 2012 RTM
ネットワーク 100Mbpsでの接続を推奨
CPU Core2 Duo E6600 同等以上
メモリ 2GB以上
 

クライアント

ネットワーク 100Mbpsでの接続を推奨
CPU Pentium M 1.5GHz 同等以上
メモリ 512MB 以上
ブラウザ Internet Explorer 8, 9, 11
その他 Adobe Flash Player: 9.0.28 以上



 
資料請求はこちら