Design Profit® 原価低減ツール

TOP > 製品・サービス > Design Profit® 原価低減ツール

Design Profit® 原価低減ツール


Design Profit®はMunro Software社が開発したソフトウェア・スイートです。Design Profit®はLeanDesign®ソフトウェアとQuality Report Card®から構成されます。

LeanDesign®

手法としてのLeanDesign®を進める上で非常に有効な可視化ツールです。各種のシンボルを用いて作成する業務フローと、LeanDesign®ワークショップで得られた結果を入力することで、業務改善効果が可視化できます。
 

Quality Report Card®(QRC)

製 品品質にかかるコストと、変更を行った場合のインパクトを表示します。LeanDesign®では品質に関わるコスト入力ができますが、品質改善または品 質保証グループでQRCを用いることにより、品質コストをサマライズし、予想される品質問題を改善することで、どれだけの効果が見込まれるかを算出します。

LeanDesign® 概要

LeanDesign®は各種のシンボルを用いて、現状や、ワークショップで図られた改良案などをマッピングしていきます。このマップから、現状分析や変更、代替案との対比などを行い、結果を可視化します。
 
 
これらのシンボルにはコストや品質、材質、重量といった詳細な情報が入力でき、設計変更に伴った重要な変更ポイントが示唆されます。これらのポイントは、設計の意思決定を行っていく上で、軽量化や、コスト削減など最重要課題を見極めるのに役立ちます。
 

治具や標準作業、接着、部品、サブアセンブリなどの標準的な情報はライブラリ登録できるため、繰り返し入力の手間を省略できます。

エグゼクティブ・サマリーでは、一連のワークショップ活動によって得られた複数案の中から、いずれが最も今回のプロジェクト目標に合ったものかを比較するのに必要な情報が一覧表示されます。

 

LeanDesign® 機能

・ Symbol Diagramによるデザイン
・ ライブラリ
・ Symbol Groups
シンボルのグループ化
・ Brainstorming Sheets
複数のアイデアを保存。アイデアの選択時に使用。
・ Critical Path Determination
工程内でクリティカルパスとなるものを表示。組立に必要な時間や滞留時間も入れて計算。
・ Rework Map
廃棄に要する時間など、リワークも考慮した設計。
・ Parts Import
BOMからのデータインポートが可能。
・ Multimedia
CADや動画などのマルチメディアファイルの表示が可能。
 
 

・ Copy/Paste
・ Symbol Search
・ Birds Eye View
現在のダイアグラムがどこを表示しているのかを全体の中から把握。自動車や航空機といった長期の開発工程の把握にも有効。
 
・ Edit Grids
Excel形式の表示、操作、編集を可能にする。
 
 

LeanDesign® 特長

LeanDesign®ソフトウェアに現状のデータ入力することで、ベースラインを作成し、工程やコスト、時間といった現状分析が行えます。その後、ワークショップの中で設計、生産工程、材質といった観点から改善可能なアイデアを創出し、DiagramやBrainstorming Sheetsを作成します。ここで複数の改善案の検討が可能になります。Diagramの中でクリティカルパスも明らかになります。エグゼクティブ・サマリーでは、検討された案の中でコストや、時間、作業の危険度や、重量などの要素を勘案し、最も理想に近い案が何かを導き出します。
クライアント・サーバーの機能を用いることで、複数部門に渡った改善プロジェクトの運営や、データの再利用も可能になります。
LeanDesign®のワークショップとソフトウェアを用いることにより、製品開発の時間短縮やコスト削減を飛躍的に向上させるための改善活動を定着させることができます。

Quality Report Card®(QRC)

機能及び特長


品質に関する問題点と品質コストを積み上げることで、あまり品質に影響の無い工程を明らかにします。この結果で、品質コストを最小限に留めるのと同時に、品質維持、向上に必要な工程を明らかにし、品質向上を図ります。
 
 

QRCは4つのメジャメントで結果を出力します。

・ Total Parts & Steps
パーツ数と工程数から製品の複雑性を測ります。

・ Total Defects per Unit
各ユニットを組み上げる上で、予想される平均的な不良品率です。

・ Rolled Yield
検品、テスト、リペアなどを除いてもゼロディフェクトになるであろう製造のパーセンテージです。

・ Cost of Quality per Unit
各ユニットにかかる全てのコスト金額を算出します。
 
 

LeanDesign® 動作環境(最小構成)

LeanDesign®はスタンドアローンもしくはクライアント・サーバー環境で動作します。
Client
ハードウェア要件
CPU 1GHz以上
Memory 256 MB以上
HDD 500 MB以上の空き
(データにマルチメディアファイルを持つ場合はそれ以上)
画面解像度 1024 X 768以上
ソフトウェア要件
  Windows 2000, XP以上(NTはサポート対象外)
  Internet Explorer 5.1以降
  MDAC 2.7以降
 
Server
ハードウェア要件
CPU 1GHz以上
Memory 256 MB以上
HDD 500 MB以上の空き
(データにマルチメディアファイルを持つ場合はそれ以上)
ソフトウェア要件
  Windows 2000 - 2003 Server (NTはサポート対象外)
  Internet Explorer 5.1以降
  MDAC 2.7以降
  Microsoft Internet Information Server (IIS) 5.0/6.0
  SQL Server 2000
  Internet Information Services (IIS)
資料請求はこちら